『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

ボスニア連邦のモスタルからスルプスカ共和国のバニャルカへの道は、切り立った岩山と深き森、エメラルドグリーンの川と湖、そして滝に彩られたドラマチックな地形が延々と続いている。次々と迫りくる見上げるように大迫力な岩山。その間を縫うように道が走り、鮮やかな緑の
『【ボスニア・ヘルツェゴビナ】モスタルからバニャルカへ続く最高に美しい山道の風景』の画像

今月初めから西バルカン地方に来ている。3月のセルビアに続き再びだ。ボスニア・ヘルツェゴビナを経て、今は北マケドニアのスコピエにいる。もちろんコンサル仕事の出張で、今回は一か月強で4か国(5地域)を回る予定なのだが、移動も多くなかなかゆっくり文章化する余裕がな
『【ボスニア・ヘルツェゴビナ】古の街モスタルとスタリ・モスト』の画像

静かだったわたしのYouTubeチャンネルに最近何だか変化が起きている。セルビアはベオグラードに滞在中にとった動画を、いくつか編集してしばらく前にアップしたのだが、その中で異様に再生数とコメントが伸びている動画があるのだ。街中でストリートミュージシャンを撮った動
『「ロマ」音楽への意外なリアクション』の画像

坂田ミギーさんのこちらの本を一気に読んだ。かわいい我には旅をさせよ ソロ旅のすすめ (わたしの旅ブックス)坂田ミギー産業編集センター2022-02-16自分が世界を旅したような気分にもなったし、何よりも旅のフィロソフィーに深く共感するし、速すぎて頭が見えなくなるくらい
『ひとりで旅するからこそ満たされる『かわいい我には旅をさせよ ソロ旅のすすめ』 #坂田ミギー さん』の画像

セルビア(1月〜3月)の記憶メモを兼ねて、読書時間について最近思うことを書く。COVID関係のことばかりでは残念過ぎるので、この素敵で魅力あふれる街の素敵な面を。滞在中思っていたのが、この街にはカフェが多いこと。古い建物の一階部分に可愛らしい雰囲気あるカフェがあ
『【セルビア】まるで物語に出てきそうな書店と読書時間について』の画像

このブログにも少しずつ書いてきた内容ですが、動画でも経緯をまとめました。誰かの参考になるほどの情報ではないかもしれませんが、自分自身で考えたこと、どんな経緯をたどったかなど綴っています。もう帰国してずいぶん経っているのですが、帰国直後は色々とメンタル的に
『【YouTube】セルビアでPCR陽性になり一か月半帰れませんでした』の画像

帰国して一週間経ちました。一ヶ月コロナ陽性が続いて多くのストレスもあった日々でしたが、ようやくセルビアから帰国したのが3月5日。色々あって心身ともにすっかり落ちておりましたが、数日経って今は元気になりました。しばらくはSNSもブログも何も更新する心の余裕がなか
『コロナ陽性発覚から一ヶ月経ちようやくセルビアから帰国しました』の画像

毎日ホテル隔離が継続し、朝ごはんをデリバリーしてもらっているわたし(レストラン出禁)です。今日は、クリニックに行きました。体調はもうずいぶん回復していて咳が残るくらいなのですが、仕事で来ているもので医師のtreatmentを受けたという事実も必要だし、何なら咳止め
『【セルビア】クリニック行った&【翻訳進捗】今日のメモ』の画像

セルビアに来て、39日目になりました。17日間で次の国に行く予定だったので、その倍以上いるということになります。5回目のPCRで陽性が出て以来、ここ数日気分がとても落ちていました。自分がセルビアを出られないことはもちろん、仕事のこと、戦争のこと、そしてアメリカの
『【セルビア】現状、まだ陰性証明未入手で出国できません&戦争のこと』の画像

戦争がはじまり、犠牲者がすでに多く出てウクライナを逃れようとしているひとが溢れかえっているという報道に心が痛む。武力により、人の命を奪うことや生活を破壊することはいつの時代でも許されないことだ。だが、「戦争が始まった」というけれど、その戦争とは何なのだろ
『【セルビア】戦争がない状態=「平和」ではない』の画像

↑このページのトップヘ