『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

日記・ひとりごと

プロフィール写真を撮った。今日はコンサルタントとして、チームのひとがみんな撮ることになったので順番にスタジオに行って撮影。昨年10月に、ベリーダンスの写真撮影でお世話になっているフォトグラファーのヨータ・カタオカ氏にお願いして、大好きなある場所で撮影しても
『プロフィール写真を何のために撮るか』の画像

ハムスターの回し車から降りることにしました。え?ハム?という方は前記事をご参照ください。 今月初めに、現在従事している案件の次回出張を断念することにしました。10月から11月にかけて例によって5週間ほどの予定だったのですが、心身の不調による不安があり、案件のチ
『ハムスター辞めるための一歩を進めました』の画像

仕事でご一緒しているひとと、ミーティング後にたくさんしゃべった。レバノンからイラクに移住してきたひとだ。オンラインミーティングで中東諸国の先進的なスタートアップ連携の取り組みについて実に面白い情報を聞いたテンションのまま、会議後に色んな話をした。中東のひ
『中東のひとと政治経済社会文化の話をする』の画像

オンラインカウンセリングを一年ぶりに受けた。日本でも最近は以前よりも少しずつカウンセリングを気軽に受けるひとが増えてきたかなと思うけど、悩んでいる人、迷っている人はもっとどんどんプロと話をした方がいいと思う。わたしは、本当に行き詰まってしまってメンタルも
『オンラインカウンセリングと鍼灸整骨院「本質を見極めるために神様が与えてくれたチャンス」』の画像

日曜日、いつもの珈琲店でたまたま居合わせたご婦人とお話をする機会があった。お店には店名にちなんだ可愛らしいイラストが飾られているのだが、その絵について言葉を交わしたことがきっかけで。偶然、バスから地下鉄に乗り換えようとしたら、珈琲店の看板があったので入っ
『香道とマインドフルネス』の画像

夢はひとに語ろう。という言葉をたまに耳にする。語ることで自分にいい意味での自信がつくし、語るからこそ情報やチャンスがやってきやすくなる。そういう意味で、わたしはその「夢を語る」ことに大いに賛同している。★「夢」というのとは厳密には違うのだが(この点はここ
『夢はひとに語ろうというけれど』の画像

週末、海のある街に住むお友だちと彼女のわんこに会った。このところ、色々あって仕事もいっぱいいっぱいで、心身ともにがっくり来ていたところに遊びにおいでと言ってくれた。わたしには、しょっちゅう会ったり連絡を取ったりするお友だちはほぼいないので、こういうときに
『海と山と犬』の画像

今夜は翻訳チェック作業をしている。ずっと仕事と諸々にパンクしそうになっていて、気づけばこの大切なライフワークを2週間近くも止めていた。ライフはどこ?ってくらいに。まだ仕事はあるのだが、居ても立っても居られなくて夜のカフェで作業を。わたしは、南アフリカの作
『【ベッシー・ヘッド】ゆっくりと大粒の涙が、頬の皺を伝い落ちた』の画像

週末は、仕事をしなかった。当たり前のようだけど、そんな週末はずっとなかった。根を詰めて作業し続けているわけではないけれど、マインドがオンの状態でずっと消耗するような日々が長く続きすぎた。それに加え、先週一週間はプライベートでも重たいことがあり、さらには腰
『映画とコーヒーと余白』の画像

ひとは本当に、頭の中で考えを巡らせ続けるのが得意だ。それは多くの場合、自分自身の脳が勝手に生み出したものだったりするから厄介である。まだ起きてもいない未来への不安。相手が言っていないことへの勝手な妄想。それに紐づく怒り。仕事への強迫観念のようなプレッシャ
『2000回の瞑想とマインドフルネス』の画像

↑このページのトップヘ