『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

もの

この11月で、自分の気持ちのハッピー度が飛躍的に増している。いくつかの理由は思いつくけれど、ハッピー度が増して、本当に日常の身近なことに打ち震えるくらいうれしいと感動したりすることが多い。そうすると、感謝の気持ちでいっぱいになる。誰かとの時間もハッピーにな
『器とコーヒーとロールケーキ。』の画像

ウガンダでどうしてもRupurara Moonに仕入れたいと考えていたのは、ペーパービーズ。紙をくるくると丸めて固めたこのモダンアートは、アフリカだけでなく様々なところに広がっていますが、もともとは英国発祥のようです。アフリカのマーケットを訪ねるとたいていこのペーパー
『何故ウガンダでペーパービーズか。』の画像

80年代の終わりごろだが、わたしは11歳でアメリカの小学校に通うことになった。それまでごく普通の日本の小学生だったわたしにとっては、初めての「外国」での生活で「外国」の学校だった。(アラスカ州アンカレジだった)このアメリカでの生活は、今でもたくさんのことをビ
『「肌色」だけの色鉛筆セット。』の画像

本日日曜日。しばらくぶりにマザーハウスさんに。例によって、手持ちのマザーハウス製品(いつもたくさんある。バッグ、キーケース、パスケース、お財布etcぜんぶ)を丁寧にケアいただきながらお話をさせていただく。毎日身に付けているインドネシアの銀線細工(のマザーハウ
『そろそろ変わるときか。』の画像

本日日曜日。ケニアに来て一週間ほど。今朝は、しばらくお仕事をしてからその後、ナイロビの街から少し行ったところでショッピング&ランチ。今日は、Rupurara Moonの目線です。でも、ここでは仕入れはしません。★大量にお買い物して。おいしいランチを。戦利品。包んでいる
『ナイロビ週末のお買いものなど。』の画像

PiterestとかInstagramとか、写真のSNSが好きでわりと頻繁に活用しているのですが、最近とってもお気に入りなおしゃれなブランドがこちら。Chen Burkett New Yorkアフリカンプリントをおしゃれに使ったファッションブランドってほんとうに世界中にたくさんあるのだけれど、こ
『アフリカンプリントとリュクスなブランドChen Burkett New York』の画像

今日は、どうしても寄りたいところがあった。目的のものは、ほとんど決まっていたんだけれど、お店で見てあっさり乗り換えました(笑)2017年MDノートダイアリーにしたので、そのカバー。アンティークレザーにしようと思っていたけれど、(すでに、バッグ、パスケース、カー
『手帳2017の続き。』の画像

「手帳の時間」というのを設けているひとの話をききますが、その日その週、少し先にやりたいことなど整理するのは良いですね。 わたしも自分ブリーフィングというか、考えごとの時間で頭の中を整理。やりたいことを整理。気持ちを確認。 これだけでずいぶん落ち着いて
『朝ドトールと「あふりかくじらノート」時間。』の画像

↑このページのトップヘ