『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

ブックシェルフ

前記事の続き さて。次の日10月9日(日)に意気込んで参加しようと思っていたのが、トラベルライター寺田直子さんのトークイベントだった。何日か前にインスタで見かけ、これだ!と思って秒速でホテルに電話をかけ(電話のみ受付)予約をしたのだ。そして、ホテルの方にご提案
『【水戸】張り切ってトラベルライター #寺田直子 さん のトークイベントに参加!…と思ったら、やらかした件』の画像

燃え殻さんのご著書を2冊一気に読了した。いずれもエッセイだ。どれも印象的で絶妙で、ささっと沁みてくるようなテーマで気に入っている。ただ、読了後、心に引っ掛かることがあったのでそのことだけ書いておきたい。それでも日々はつづくから燃え殻新潮社2022-04-27すべて忘
『文字とラジオ『#すべて忘れてしまうから』#燃え殻 さん』の画像

以前から、あるひとがこの方の文章をお薦めしていたので、いつかフィクションを読んでみようとは前々から思っていた。そうしたら、しばらく前なのだがたまたまある翻訳家の方がツイートで柴崎友香さんのこの本について書かれていたのが目に入った。公園へ行かないか? 火曜日
『1977年、ベッシー・ヘッドのアイオワを追体験した『公園へ行かないか?火曜日に』柴崎友香さん』の画像

いつも行くパン屋の本屋さんでたまたま目が合ったこの文庫本。緑の深い山のおとぎ話みたいな、小さい村が浮かぶこの写真が本当に美しく印象的でひとめぼれした。しかもテーマが小さな村と旅する本屋なんて、なんと魅力的なワーディングなのでしょう。著者の内田洋子さんがヴ
『『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』#内田洋子 さん』の画像

漫画『キジムナーkids』上下巻読了。ウルトラマンシリーズなどのシナリオライター 上原正三氏の作品『キジムナーkids』を漫画家 横山旬 が描いた作品。少年たちの目を通して戦後の沖縄を描いた自伝的小説だそう。戦時中、戦後の沖縄の人々の生き様を漫画でここまでビジュアル
『漫画『キジムナーkids』#上原正三 #横山旬』の画像

坂田ミギーさんのこちらの本を一気に読んだ。かわいい我には旅をさせよ ソロ旅のすすめ (わたしの旅ブックス)坂田ミギー産業編集センター2022-02-16自分が世界を旅したような気分にもなったし、何よりも旅のフィロソフィーに深く共感するし、速すぎて頭が見えなくなるくらい
『ひとりで旅するからこそ満たされる『かわいい我には旅をさせよ ソロ旅のすすめ』 #坂田ミギー さん』の画像

セルビア(1月〜3月)の記憶メモを兼ねて、読書時間について最近思うことを書く。COVID関係のことばかりでは残念過ぎるので、この素敵で魅力あふれる街の素敵な面を。滞在中思っていたのが、この街にはカフェが多いこと。古い建物の一階部分に可愛らしい雰囲気あるカフェがあ
『【セルビア】まるで物語に出てきそうな書店と読書時間について』の画像

前記事の通り出張先でコロナ陽性になり、しかももう一度陽性になって二回目のホテル隔離に陥るという何ともはやな渦中で。思いが断片となってうずまき、頭がくらくらして文章やアウトプットとしてまとめられるエネルギーもないまま熱にうなされた感じになったとき。どうする
『『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』 #川内有緒 さん』の画像

最近、この方の本にはまっていて、これで3冊目。バングラデシュでバウルと呼ばれるひとたちを探しに行った旅の記録である。バウルというのは、もちろん詳しくは本書をぜひ読んで知っていただきたいのだが、単なる歌うたいでもなく、深い文化と歴史に根差して変化しつつ大切な
『開発コンサルとして国にかかわること『バウルの歌を探しに〜バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録 』川内有緒さん』の画像

A Question of Powerを読了した。はっきりとは記憶していないが、最後に通して読んだのは20年くらい前なのではないだろうか。この作品は、ベッシー・ヘッド作品の中では間違いなくもっとも有名で、かつ確実に強烈な印象を残す一冊であろう。いわゆる自伝的三部作と呼ばれる三
『『A Question of Power』を20年ぶりくらいに再読したけど頭の中が大変なことになりそう』の画像

↑このページのトップヘ