『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

ジンバブエ国際関係

SADCの会合では、欧米に対してジンバブエへの経済制裁をやめるよう訴えるということだった。 チャンギライは、与党側が「パワーシェアリング」の合意にきちんと応じることを条件に経済制裁を解除してほしいと言っているようだ。 その理屈は、実にまともだと思う。 た

本日、3本目。 IMFがキャッシュ・インジェクションをしているorもう払い済み?というニュースが散見される。 SW Radio AfricaとBBCをquoteしますが、微妙に違う内容なので真相はよくわかりません。 ジンバブエは、IMFに借金がありました。 で、政情の混乱、経済の
『IMFのお金、ジンバブエへ。』の画像

ゴードン・ブラウンさん。 ジンバブエへ、500万ポンドをさらに出す、と。 政府を通さない「援助」にすると。 食糧援助とかそういうもの。 BBCの映像。 英国は、ジンバブエを助けたい、って何度も何度も繰り返している。 なんとなく、英国は植民地の旧

チャンギライ・ゴーズ・トゥ・UKですよ。 精力的だね。ほんとにジンバブエを変えようとしているのね。 ロンドンで、たっくさんいるであろういわゆるジンバブエ人ディアスポラに対して、国に帰るよう呼びかけている。 Zimbabwe PM urges UK exiles home この前

いろんなジンバブエ関係の最近のニュースですけれども。 Zimbabwe: U.S. to Remove Sanctions こんなのがありました。 米国は、対ジンバブエ制裁を解除するのか!???っていう記事。 私としましては、どうしてもジンバブエ政治や国際関係に関してとてもとても
『米が対ジンバブエ制裁を・・・なくす、かも?』の画像

とうとう19回目の憲法改正が実施ということで、チャンギライはオフィシャルに「首相」になれる。これまではずっと、「首相首相!」といいつつも法律上は何も変わっていなかったので、これは大きな進歩だろう。 ただ、1980年以来これほどたくさん変わっている憲法を、また
『憲法改正劇場。』の画像

ムガベを悪者にすれば、すべてが片付くかのような寝ぼけたことをぬかしている人間が多すぎる。 日本の某新聞社よ。いきなり「悪政」はないだろうよ。いきなり「独裁」はないだろうよ。 いや、悪政であり独裁かもしれない。 では、欧米諸国は?正義の味方ですか? こ

ご機嫌いかが? アタシは・・・・まぁ、ひどいけど。何とか。生きてりゃいいんじゃん? こんなニュース。日本語でしか見てないのでよくわかりませんけれど。 「コレラは旧宗主国、英国による大量虐殺」 ジンバブエ閣僚 きたか、って感じ。 ほらね、何があって

ジンバブエ選挙です。 野党代表チャンギライ氏が、大統領選の決選投票に応じると表明したとの報道があちこちで流れています。 色々とありました。 対ジンバブエ「静かな外交」を守ってきた南ア・ムベキ大統領が、やっと仲介者として来ジン。しかしながら、野党側はム
『ミャンマーとジンバブエ。』の画像

先週ポルトガルで行われていたアフリカEUサミットに、結局すったんもんだの末、ムガベ大統領は出席したらしいですね。 (記事) 反ムガベのデモあり、ムガベ支持派のデモ(もどき)ありっていう感じだったようです。 なんだか、いつの間にやら2007年も終わりなので2008

↑このページのトップヘ