『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

アフリカ

先週末、いつものコーヒー屋さんででマスターが話してくれたこと。ウサギとカメの話。音楽好きなマスターが読んでいたこの本(何故かジュニア文庫)にこんな話が書かれている。魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ (岩波ジュニア新書) [新書]ウェルズ 恵子
『ウサギとカメに見るアフリカ的な価値観。『魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ』』の画像

「アフリカ」をテーマとしたホテルをオープンするとは思い切った試みだと思う。今年5月に大阪にオープンするそう。「アフリカのエネルギーあふれる新感覚ホテル」をテーマにしたホテルが2018年5月、大阪にオープンする。大和リゾート(1973年設立、本社:東京都)は20年ぶり
『アフリカをテーマにしたホテルが大阪にオープン。』の画像

エチオピアダンスのアベバさんは、アーティストさんでもあります。最近、たくさんたくさんエチオピアの人々を描いた優しい絵を公開されていて、とうとうそれが小さな展示会になりました。優しくて、愛あふれるすてきな絵ばかり。そして、キャプションを見ると、人々の日常風
『優しい色のアフリカ世界『One Day in Ethiopia 〜 ある日のエチオピアをめぐる小さな絵画展 Vol.0 〜』』の画像

いつもはタイトル通り「ただ単にアフリカ料理を食べて楽しく過ごす会」ですけれど、昨日はいつもの浜松町カラバッシュでのレギュラーショーを観に。ちょっと、ジンバブエでの政権移行の件がほんとうに感慨深くて、胸に色んな気持ちがあって呑みたかった。(これはチュニジア
『「ただ単にアフリカ料理を食べて楽しく過ごす会」(臨時:ベリーダンスショーを観る)』の画像

しばらくぶりにジンバブエの話。ムガベ大統領が、Emmerson Mnangagwa(ムナンガグワ)副大統領をクビにしたという記事がたくさん出ている。93歳ムガベ大統領は、政権の座に37年ほどいる。死ぬまで大統領でいることを宣言していて、Mnangagwa氏はその後継者候補としてずっと名
『ムガベ大統領の後継者?』の画像

土曜日にソマリアのモガディシオで起きたテロの死者は300名を超えたそうで、強い恐怖と違和感。やはりFacebookで祈りをささげたりアイコンをソマリア色に染めたりするひとは見かけないことにも、怖さを感じる。テロは、イスラム過激派のアルシャバブのテロだけれど、そしてソ

以前この記事を書きました。 カフェで荷物などを置いて席を取る日本人の話。 ずいぶん安全なんだねぇって話。 カフェで席を取ること自体が良い悪いというのではないけど、その捉え方の話。 よく観察すると、外国の方も日本だとわり
『カフェで席取るジャパン、フォークにならないアフリカ。』の画像

圧巻な概観のこの建物は、南アフリカのケープタウン。なんとサイロを大改造して巨大なコンテンポラリーアートのミュージアムに変身させて、今月オープンしたそうだ。Rupurara Moonとしては、アフリカンアートのニュースはメモっておきたいところ。アートはわくわくする★で。
『サイロを改装した巨大美術館&ラグジュアリーホテル(ケープタウン)』の画像

今夜は「ただ単にアフリカ料理を食べて楽しく過ごす会」@浜松町アフリカンレストラン カラバッシュ。 チェブ・ジェン(お魚の炊き込みご飯。セネガル🇸🇳) フーフーとオクラスープ(ヤムイモをもっちりさせた定番主食。優しい味のオクラスープ
『今夜の「ただ単にアフリカ料理を食べて楽しく過ごす会」』の画像

↑このページのトップヘ