『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

アフリカ

自分が子どものころ、コカ・コーラには一缶で角砂糖11個分の砂糖が入っているときいて恐れおののいた記憶がある。それ以来、炭酸飲料については警戒をしているがそれでも暑い日、疲れを感じた日、仕事で気合を入れたいときコーラや甘い炭酸飲料を飲んでしまうこともある。(
『アフリカだけでない、小さな子どもに与える炭酸飲料の真実』の画像

わたしはわりと怖いなと思ったらやらない方なんですね。たとえば、ブルキナファソで、ワニに触っていい施設とか。車でスピードを出しすぎないとか。赤信号を渡らないとか。わりと日本のひとは、そういうひとが多いような感じがするのですが。でも、アフリカの国だとそれを笑
『不安と危険に備えるひとを笑う』の画像

タンザニアの首都ダルエスサラームから小さな飛行機で小一時間ほど。ザンジバル島は、アラブとスワヒリ、少しインドの歴史の入り混じった独特な雰囲気の場所。うつくしい海と、世界遺産となっている歴史あるストーンタウン。この島に伝わる伝統的な音楽タアラブについて何度
『ザンジバルのカヌーン奏者〜タアラブ音楽と女性』の画像

先週、昔お世話になった方に自分のことをたくさんお話しする機会があった。こんなに自分のことをたくさん話すなんてなかなかない。わたしが大学生の時にボツワナに行った話を書いたエッセイ本読んでくださっていたし。セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシ
『「いつも心にアフリカを」』の画像

昨日は、朝からあちこち走り回ってバタバタだったけど夜には予定通り渋谷へ。シロアリマンさんの緩い飲み会。シロアリマンさんは、昆虫食を推進しながらSDGsに関して活発に活動して名前が知られてるひと。いつもツイッターでお見かけしていたのでした。集まりは、もちろん初
『シロアリマン。』の画像

南アフリカで密猟による乱獲のため絶滅すら危惧されているサイ。野生動物ビッグ5のひとつサイを救うため、Ballet in the Bushというものがあるとか。写真を見てわかる通り、サイの囲いの中でポーズとったり、パ・ド・ドゥやったり。これは、サイの孤児の保護施設だとか。こ
『絶滅が危惧されるサイを救うためのバレエ。』の画像

アメリカ人ジャーナリストでありコロンビア大学ジャーナリズム大学院准教授(同書による)のハワード・フレンチ氏の大作『中国第二の大陸アフリカ』ジャーナリストらしい視点と、小売り商から一大事業を成功させた起業家まで多くのひとへアプローチしてディープな話を描いた
『リアルなアフリカ大陸の中国ダイナミズム『中国第二の大陸アフリカ』by Howard French』の画像

昨日出席したセミナーで紹介されていて胸が締め付けられる思いだったので書いておく。少し前だが、UNDPの報告書「Journey to Extremism in Africa」でこういうチャートが紹介されている。テロリストから幸運にも足を洗うことができたひとたちへの調査。リストではなく、チャ
『なぜ過激主義になるのか。Journey to Extremism in Africa (UNDP 2017)』の画像

昨日開催された「アフリカビジネスの新戦略−新たな連携で実現するビジネスモデル−」詳細プログラムはリンク先へ。★会場が満杯になるほど大盛況。雑感としては、当然のことながらアフリカビジネスとして目指す方向性が違うので、セッションごとや登壇者の話題レベル感によ
『TICAD7プレビューシンポジウム「アフリカビジネスの新戦略」雑感。』の画像

日帰りで行こうと思っていたけれど、色々あって、たくさん詰め込みすぎたスケジュールの合間をぬって一泊で行くことにした。山梨県北杜市のアフリカンアートミュージアム。企画展示は、「Prayer for Fertiity〜豊穣の祈り」アフリカだけでなく、オセアニアやアジアのものもあ
『アフリカン・アート。』の画像

↑このページのトップヘ