坂田ミギーさんのこちらの本を一気に読んだ。





自分が世界を旅したような気分にもなったし、何よりも旅のフィロソフィーに深く共感するし、速すぎて頭が見えなくなるくらい頷いてしまうところばかりだ。いい気分だ。

ミギーさんの旅は、インド・ザンスカールでのトレッキングや、アマゾンやモンゴルの奥地などかなりのハードコアなハイレベル旅も多いのだが、まるで自分が旅してきたみたいな映像が浮かぶ。

そして、自分の中にあるフィロソフィーを、それはもうたくさん思い起こさせてくれる。
ミギーさんほどハードコアじゃないけれど、ボツワナを始めいろんなところをひとりで旅してきた自分の様々な思い出が次々と顔を出してきた。

いくつか共感したポイント:

・寂しいからこそ、満たされる旅になるんだと思う。ソロ旅って。
・誰かとの旅は「旅」じゃない。これは激しく同意。
 何度も書いたけど、誰かと一緒の時は「日常」もまた旅先に持ち込むこととなるんですよ。
 だからいつもこっそりまた一人で来ようと思っている。
・ひとり旅で自分自身とおしゃべりしている。これは本当。美しい風景などを誰かとシェアするのもいいけれど、それはひとりのときとはまったく別の体験であると考えている。ひとりはひとりなりに重要な意味があるのだ。それは自分の心がどう動くかが感じられるから。

何度も書いているけれど、旅はパーソナルなものだ。

そしてそれぞれの感じるポイント、やりたいことがある。
すごくプライベートだ。

そしていろんなレベル感もある。上級者だから人格が上ということではもちろんない。

ひとによっては、ひとりで食事に行くこともできないひともいるし、ひとりでホテルに泊まるのすごい!と言ってくるひともいる。(ほんとです。わたし誰かと泊まったことの方がずっと少ないけど・・・)

結婚するからこれが人生最後のひとり旅、と言うひともいれば、
アフリカなんて自分は一生絶対に行かないと最初から決めつけているひともいる。

わたしにとっては飛行機に乗ればすぐいけちゃうアフリカも、別のひとにとっては宇宙旅行くらいにハードルが高く自分とは関係のない世界なのだろう。

だからこそ、「旅行」は誰かとすることが目的で、その場所へ行くのはただのそのひととのエンターテイメントに近い。
「旅」はひとりでするものだから。

そして、自分探しの旅という考え方についても、とても共感する。

これについては、本作を読んでいただきたい。



わたしは、海外へ初めて出たのが11歳の時。
家族でアラスカに引越して現地の学校に通った。

それ以来、いつも海外に目を向けていた。
どこか違う国に行って違う価値観に触れないといけないんだ!という危機感の原点だ。

大学2年の終わりに、旅行会社のスタディツアーで北欧福祉旅行に参加しスウェーデンとデンマークに行った。そのときは福祉がテーマだったし勉強にはなったが、ひとと一緒だったのでずっと窮屈で「旅」ではなかった。

国内のひとり旅はけっこうたくさんしていた。

海外は、そのあと大学4年生で作家ベッシー・ヘッドを追いかけて(もちろんもう亡くなっている)、南アフリカとボツワナに行ったのがいちばんの大きな旅で、それが人生の転機につながった。

サバイバルにも旅にも長けていなくて、1998年当時ネットの情報なんてほとんどなくて、旅行ガイドすらないようなところにひとりで乗り込む頼りない大学生だったが、そのときのことがすべて今につながっている。

25年経った今でもベッシー・ヘッドを愛しているから。


坂田ミギーさんは今、ケニア発のアパレルビジネスも立ち上げていて、自分自身の人生をどんどん切り開いている。

わたしも自分のことを楽しんで残りの人生過ごしたいと思わせてくれる。






いい気分にさせてくれる本でした。

ありがとう!


IMG_8725


帯がない状態も好き。

IMG_8727






こちらのほうにはそんな旅の様子がもう少し詳しく書かれているので、お読みになった方がよろしいかと思います。わたしは自分が旅しているみたいに楽しめました。

旅がなければ死んでいた (ワニの本)
坂田ミギー
ベストセラーズ
2019-07-01






わたしも旅本、絶対書きまとめて世に出したいなと思ってる!



南アフリカの作家ベッシー・ヘッド(1937-1986)の紹介をライフワークとしています。
(詳しくはこちら)

■作品の翻訳出版に向けて奔走しています。
■作家ベッシー・ヘッドについてnoteで発信しています。
note「ベッシー・ヘッドとアフリカと」
note「雨雲のタイプライター|ベッシー・ヘッドの言葉たち」

==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 



↓更新通知が届きます


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ