いかがお過ごしでしょう。

今日でコンサル仕事は一応の仕事納めですが、年明けの締め切りと新しい案件の準備でお休みというわけにはいかないお休みです。(?)

実は、以前のこの記事に書いた件なのですが…



一度は回復した腰の痛みなのですが、実は今週月曜日に急激にひどくなり、生活にも大きく支障が出るようになってしまいました。
家の中や短距離歩くことは何とかそろりとすれば大丈夫ですが、もちろんかがんだり靴下履いたり着替えたりも苦労し、横になってもつらく、荷物を背負って歩くということができず、恐る恐る動くことしかできなくなり…(´;ω;`)
大変慎重に暮らしております…

結論から言いますと、水曜日現在、少し回復しつつはあります。
とはいえ、ずっと自宅にいて外出は徒歩5分圏内のスーパーや鍼灸院のみ。

今月、これまでの人生にないほど一気に鍼灸師の先生のもとを訪ねました。

かなり凄腕な方で、わたしの身体の状態を考えて手早く治療を計画してくださり、がんがん進めてくださっているのです。ありがたい。

治療はかなり痛い…けど、どんどん身体が変わるのがわかります。
(鍼灸師の先生にたくさん教えていただいたことは書ききれないのですが)


お恥ずかしいけれど、これまでの積み重ねが身体に出てしまったのだろうなと思います。
普段、ありえないほど長時間座っていて身体が固まってしまい、急激に激しいダンスをするから無理をしていたのだなと。

仕事だけではなく、もちろんベッシー・ヘッドの翻訳や、何から何までずっとパソコンに向かい、重い荷物を運んでカフェや図書館で、やっぱりまたありえないくらい長時間作業。しかもよくない椅子…。
その生活を長年続けてきたからですね。

実は、腰の痛みも本当は高校生くらい?のときからあるものなのです。
さらに、肩凝りがひどく、それはもう本当にひどく、いつもマッサージの人に驚かれるくらいなのですが、それについても高校生ごろからの悩みという…

わたしはこれに慣れ切っていたのですね。
だからつらさや痛みがあることが当たり前になっていた。
もちろんダンスにも影響が出ています。

いつも、何かの仕事や作業があるとき、かならず頭のどこかで「でも、肩が…つらい…」と考えているんですね。
それで何十年も過ごしてきてしまった。

その間に失ってきた生産性とか、やる気とか、どれくらい膨大なものだったんだろうって、この腰の痛みが人生史上最大になった今月、改めて気づき涙が出る思いでした。


わたしの身体の状態をもう熟知している鍼灸師に言われました。
「それ(体の痛みすべて)がなくなったら、夢のようだと思わない?」
(ちなみに私の身体はかなり「面白い」やりがいのあるものすごい事例らしい…彼はめちゃ治療やる気になってるっぽい(笑))

いや、もう本当にそうです。本当に。

毎日、毎日、本当に毎日、肩がつらいと思って数十年。
それに慣れてしまっていて、それがない状態を想像できずにいたのだと気づきました。

ああ、人生変えたい(´;ω;`)


これからまたコンサルタント仕事でばたばたすることになりそうな2022年ですが、今後は本当に生活に気を付けたいと思います。

自分のライフワークが後回しにならないよう。(今まではいちばん大事なことをすべて後回しにして生きてきましたから)
そして何よりも、自分の心身の健康が優先されるよう。


さて。
このブログを座って書いていたら、かなり腰がつらくなってきてしまいました。

そろそろ終わりにしたいと思います。

この年末は、体を大切に。
仕事はほどほどに。

作家ベッシー・ヘッドの翻訳チェックは、少しまとめて進めていきたいと思います。


皆様も、どうぞご自分の心身の健康のために、大切な毎日をお過ごしください。

FullSizeRender




南アフリカの作家ベッシー・ヘッド(1937-1986)の紹介をライフワークとしています。
(詳しくはこちら)

■作品の翻訳出版に向けて奔走しています。
■作家ベッシー・ヘッドについてnoteで発信しています。
note「ベッシー・ヘッドとアフリカと」
note「雨雲のタイプライター|ベッシー・ヘッドの言葉たち」

==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 



↓更新通知が届きます


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ