しばらくぶりになってしまったが、最近書いておこうと思ったことについて書く。

2020年の前半は、分断と差別が露呈される大きな出来事が重なるときとなった。

まず、新型コロナウイルス。

その脅威は、グローバル社会を巻き込む非常事態となり、多くの命が失われたのみならず、経済的打撃も甚大なものとなり未だに継続している。

グローバルな脅威は、既存の社会システムの問題点を多く明らかにした。
とりわけ注目すべき点は分断の深まりである。

感染症を特定地域・居住地(他国に対してのみならず国内においても)、民族、職業などの属性と結び付ける排他的な言動や差別的行為が、ネット上や実社会でも見られる深刻な状態に陥った。


さらに、歴史的にグローバルなムーブメントとなった人種主義への抗議行動である。

2020年5月米国ミネソタ州ミネアポリスにおいて警察暴力による黒人男性の死亡事件が発生したことに端を発し、奴隷制から始まり過去400年にもわたって継続し蓄積してきたものが、ここでまた改めて大きな動きとなった。そして世界中に次々と連鎖するうねりのように広がっていった。

あらゆるところに、差別は存在する。


やはり、アフリカに二十数年かかわってきた者として、まず思うのはアパルトヘイト、ひいてはアフリカ大陸における人種差別に関することだ。

主に、以下の3点を思考の整理のためにメモっておく。
  1. 構造的人種差別と潜在意識下の人種差別
  2. 無意識と無関心の罪
  3. 同じ地球上で不条理な世界とは無縁に安穏と暮らしている人々の存在
guillaume-issaly-Grje-fSs14A-unsplash


1. 構造的人種差別と潜在意識下の人種差別

「構造的人種差別」で、奴隷制を除き明白なのは南アフリカのアパルトヘイトだ。
さらに、アフリカ大陸のことをいうと、ほとんどの国が植民地政策の中で構造的人種差別を強いられてきた歴史を持つ。

歴史的な搾取構造は、植民地が終焉しても、アパルトヘイトが終焉しても完全になくなるわけではない。

政治的、経済的な差別は、構造的に多くの社会に根深く残り、時代は前向きに進んでいるにもかかわらず、今回の米国に始まった形のように多くの問題を蓄積し続けている。

その一方で、重要なのは「潜在意識下の人種差別」の存在であろう。

わたしが、長年敬愛し続けその作品の翻訳出版を目指している南ア出身の作家ベッシー・ヘッド作品では、このアパルトヘイトのような構造的な差別のほかに、当時のボツワナ社会で存在する潜在的差別までも描き出している。

ボツワナのマジョリティ人口はいわゆる「ツワナ」の人々であるが、南部アフリカに暮らす「サン」の人々のことを奴隷とし、「劣る」民族として差別してきた。

その差別は根深く、ヘッド作品の中でも、干ばつに強い雑穀は「劣る民族」の主食だから、どんなに干ばつに苦しんでも栽培はしないというツワナ人たちの姿が描かれている。

当然だが、このような政治的な構造には必ずしも明確に現れない潜在的差別は世界中に存在する。

例外なく、日本にもある。

これについて、まずは目を向ける必要がある。
自明のことだが、差別は社会に連帯でなく分断を生むということだ。

2. 無意識と無関心の罪

人種主義のムーブメントにピンときていない日本のひとも多いのではないだろうか。
対岸の火事という態度や無理解で問題となった発言もあるようだ。

無意識と無関心は罪だ。

よく、人種問題などに無頓着で配慮のない広告などが炎上することがある。
それに対し、もうテンプレートなのではないかというお決まりの謝罪文句が、

「差別的意図はありませんでした」
「不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」

この二つこそ残念ながらものごとの本質を捉えていない証拠であり、問題の根源だと思う。

多くの差別は差別的意図はない無意識のものなのだ。だから罪なのだ。

意図がなければ許されるというものではないし、このような謝罪の言葉では、差別的意図がなかったから差別をした対象を傷つけたことについて罪はないと思っているのかな、と取れてしまう。

そして、不快な思いをさせたというのは、ネット上で激しく批判しているひとたちへの謝罪である。
そこは謝罪する対象ではない。

謝罪する対象は、差別してしまって(無理解なり、無知なり、無意識なりの理由で)傷つけてしまった対象の人たちなのではないか。

無意識であるということは、差別に加担しているということでもある。

そして、この社会構造と人々の潜在的心理に差別というものがある限り、その社会に組み込まれている我々は誰一人として当事者でない人はいない。

無関心であるということもまた、罪である。


3. 同じ地球上で不条理な世界とは無縁に安穏と暮らしている人々の存在

上記と類似するが、この世界の分断は深刻なものがある。

シリアやパレスチナで爆弾が落とされ多くの掛け替えのない命が奪われ、わたしたち世界中の「平和な国」に暮らすベリーダンサーは、その地域の文化からやってきた「ダブケ」という踊りをショーなどで踊って楽しむ。

これ以上の残酷なギャップってあるだろうか。

不条理な世界から目をそらしても、地球全体がこの構造で成り立っている限り、無縁ではない。

ただ、世界には安穏と暮らしている人々が存在する。

このことについて、今は深く書かないけれど、目をそらしても蓋をしても知らないといっても、この厳然たる世界の事実は変わらず、自分はそこに関わっているということなのだ。


⭐️


現代の世界的なムーブメント。

わたしはこれを、一種の揺り戻しのような、世界が必要としている強烈なパンチだったような気がしてならない。

アパルトヘイトが終わり、そろそろ30年近くにもなる。

だが、世界中で差別は存在する。何かを打ち砕く、歴史的なうねりなのだろう。

50年も前に南アの作家ベッシー・ヘッドが伝えた強烈なメッセージが、今でもまた生きている。

そのときベッシーが指摘した人間の悪、差別、潜在的な罪のことが現代社会にもそのまま当てはまる。

世界中で翻訳されている作家ベッシー・ヘッド作品だが、数冊の日本語版が出版されたのは90年代、アパルトヘイトが終焉した時期のことだ。

今また、人種主義への大きな抗議のうねりのなかで、今こそベッシー・ヘッド作品を日本語で多くの人に読んでもらいたい。

未訳の重要な小説の翻訳を出版してくれる出版社を、また探している。

IMG_9698


==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 










にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ