旅に出たさが募り、目についてしまうと思うのだけれど
昨日、いつもの本屋さんで出会った一冊

一気読みしてしまった

稲垣えみ子さんの、『人生はどこでもドア』

わたしは2000年にイギリス留学を終えて
帰りにヨーロッパを旅行して回ったので
そのときに一度だけリヨンに行ったことがあるのを思い出した

泊まったのはエクスアンプロヴァンスだったな

人生はどこでもドア: リヨンの14日間
えみ子, 稲垣
東洋経済新報社
2018-10-26


この本
軽快で面白い文章に引き込まれるが
知らない街に「日常」を求めて馴染んでいく
Step by stepみたいなものがわかりやすく考察されていてて
とても面白く読めた

そうなのだ

わたしもこうして、いろんな国の
いろんな街にいって、そこに暮らしてみたい

最近そうやって、たくさんの知らない街のこと
調べてみたりしてます
次に行くところは、今のところ内緒


そういえば、いまの時代って
Google Earthってやつがあるのだ

そして、世界中、あらゆるところに
たいていバーチャルで旅ができてしまう

で、みてみました

ボツワナは、アフリカ大陸のここらへん

FullSizeRender


で、セロウェというところは、
ここら辺

FullSizeRender

「村」なんて言っているけど
この規模感、ぜんぜん村じゃありません

昔は、首長カーマの一族の土地でした

FullSizeRender

カーマ3世メモリアルミュージアムはこちら

ここに作家ベッシー・ヘッドの原稿や
数千通におよぶ書簡、数々の文書が保管されています

ベッシーの手書きのノートもある

ちなみに、この赤い矢印があるところが、
わたくし大学生の時に二週間くらい宿泊していたところです


FullSizeRender

↓これがベッシー・ヘッドの自宅です

5005

翻訳の日本語チェックは、いま一気に夢中になって進めていて
もうすぐ終わり

出版が実現したら、日本語版のベッシー・ヘッド作品を手に
またセロウェに行くんだ!と自分に毎日言い聞かせております


IMG_9613

なんだか話が逸れたな

ではおやすみなさい

==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 










にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ