夕べ。

ひとりの満たされた週末を終え、ある方の本を読んでちょっと泣き(よく泣く。本とか映画とか、もれなく)、人生ってすばらしいと幸せな気持ちで眠りについた。

少しずつ音がして

どんどん大きな音がして

バタバタと屋根が騒ぎ始めた。

目が覚める。



時間を見たら、深夜2:13


雨?


雨季はまだ来ないはずだけれど。

寝室の窓を開ける。

激しい雨と、風。

そして、乾燥した大地が、植物が、ものすごい勢いで潤っていくにおいがした。

季節の変わり目。

ザンビアはまだよくわからないけれど、多くの場合アフリカでの乾季というのは本当に雨が降らない。
ここはまだ、地下水など水が豊かな方なのだと思うけれど(とても緑豊かだし)、数ヶ月から半年に渡り、ほんとうに天からの雨が一滴も降らない。


だから、最初の一滴はほんとうにドラマチックだ。


深夜の雨。心動かされ、その空気に浸っていた。





朝。

目覚めると雨の形跡はどこにもない。
大地も濡れていない。



・・・夕べ、雨が降りましたよね?

職場のひとに訊くも、え?降ってないんじゃない?の回答。

・・・わたしが見たのは、幻だったか。





それでも夕方、こんどはほんとうにはっきりと激しい雨が降った。

スコールのように。



大地が潤い始め・・・



ちょっと昼間暑かった空気が冷やされ、雨のにおいに満たされた。





10月はもっとも暑い季節とのこと。

少し雨季には早かったが、夕べ、わたしに訪れた真夜中の激しい雨とともに、新しい季節が始まった。




ザンビア15日目。

おやすみ。


■ ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




■noteマガジン 『ざんざんザンビア日和』

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』(不定期開催WS)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"