眠い・・・。( -д-)ノ

BOPとかマイクロファイナンス関係で毎日動きがあって忙しい。今日は色んなひとにお会いした。その辺の話はまたこんど。

最近、はまっている本。

ずばり、「そうじ力」だよ。

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
「そうじ力」であなたが輝く! 心と体が生まれ変わる!大そうじの奇跡―やる気になったときが“大開運日”! (王様文庫) 図解夢をかなえる「そうじ力」 そうじ力でどんどん幸せになる魔法のダイアリー (宝島社文庫) 人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
by G-Tools

これまで生きてきまして、お掃除の持つパワーについては本当に実感してきたわけだけれど、こんなにまとめてくれている本の存在、知らなかった。
いや、実感してるけど、実践はできていないねェ。
でも、すごーくよくわかる。そうじ力。

マイナスを取り除き、プラスを呼び寄せる。


★換気する。
★捨てる。
★汚れを取る。
★整理整頓。
★炒り塩。


最後については経験ありませんけれども、とりあえず、捨てることと換気をすること、そして磨くことのポジティブパワーをもう一度思い出してみてます。やっぱり自分自身にパワーが満ちてくるし、トイレを磨くうちに自分自身のこととか、考えるわけです。
そして、ありがたいなぁ、と思ったりするわけです。

仕事のこととか、大切なひとのこととか。


そして思い出す。

アフリカで、都市部を離れて典型的な農村に行ってみると、伝統的な家の中は土を固めただけだったりするわけだけれど、たいていは女性が家をとても清潔に保っている。
毎朝、ちゃんと掃き清めたり磨いたりするんですね。地面なんだけど、きれいに掃いたあとがちゃんと几帳面についているのです。

これも、「そうじ力」だよね。

写真は、ジンバブエのムトコ地方に行ったときのこと。アサヒコムのコラムにも書いたことがあったね。

ジンバブエで農村に行くと、いつもどこか気持ちがほっとした。
温かいもてなしの気持ちと、掃き清めることによって創り出されるポジティブな空間なんだろうなと思う。
だから、トイレが無くても、シャワーがなくても、なんだか満たされていた。



まあ、一生つづくと、ダメかもしれない・・・( -д-)ノ



October 034
October 038







October 068mutoko 066






なんてことを、思ったのでありました。


明日、わたくしは、キッチンを磨こうかと思います。
夕べ、重曹ではじゅうぶんきれいにならなかったのですが、ドイツ製のスペシャルスポンジを試してみようと思います。(ベリーダンサーなら、これ、よく使うよネ。え?何故かはヒミツ



ぜんぜん関係ないけど、頭のなかにレディ・ガガがぐーるぐるです。
嗚呼、ガガさま・・・バッド・ロマンス。(午前二時♪)


おやすみ。


↓読んだらこちらのクリックをお願いいたします。ありがとうです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 

Rupurara Moon 〜ルプララ・ムーン〜ジンバブエのクラフトショップ


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!