662056a5.jpgハヤシエリカさんが今年一年を振り返っておられるのを見て、あふりかくじらとしてもちょっとまねしてみましょうと思います。

それにしても、エリカさんのようなステキなジンバブエ関係者が、ムビラを通して広がっていくのはとてもすてきですね。ムビラ、ほんとうに魅力的です。魂が感じられる。身体の中に浸透していく感じ。

ジンバブエについて、ムビラを通じてエリカさんのようなひとたちが語っていくのと同じように、わたしはまた、わたしの心のなかのアフリカ、ひいてはジンバブエを語り続けています。


●ルプララムーンのこと。

今年は、何といっても、私財をなげうって(?)オンラインショップのRupurara Moonアフリカンビーズ&クラフトをオープンしたこと。

以前からあまりにもワイヤービーズの動物たちが可愛くて、集めまくっていただけだったのが、ひとつプロジェクトになりました。
それもこれも、今年のはじめくらいにキャリア上とてもきついことがあってプライドもメンタルもぼろぼろになってしまったとき(プライベートも重なったし)、一冊のノートを購入して書きまくったことから始まりました。

自分のやりたいこと(大目標、中長期的目標、短期的目標)は何か。
大それたことでも何でもいいので、カフェラテ一杯でスタバに粘って、思ったことをみんな書き出しました。

それから、今持っているもの。(スキル、資格、コネクションなど)
そして、これから得られるもの。(資格、経験等。簡単に出来るものと、時間がかかるもの、大それているもの、目標とは必ずしもかぶらないが所有しているのが望ましい資格・経験などに分類)

好きなもの。これからの社会の流れの中で自分がやっていきたい分野など。

でもでも、生活費の問題など。

すべてを書き出したとき、ひとつの形に結びついたのが、ルプララ・ムーンでした。
自分が今までやってきた、「普通のアフリカ」を伝えるということが、このプロジェクトとして結びつき、同時にジンバブエでの外貨解禁も重なった。チャンスでした。

これからたくさんの課題がありますが、ひとのやっているODAのプロジェクトに文句を言う前に、自分自身のプロジェクトを小規模でも動かしていくというのは、ほんとうに楽しい。

一般の人々向けにプレゼンも何度かさせていただく機会にめぐまれました。


●マイクロファイナンスとBOPビジネス

キャリアの上では、マイクロファイナンスとBOPビジネス関連のことでの進歩が大きかったです。

「通い仕事」の方の都合とはいえ、マイクロファイナンスに関して学ぶ機会も多く、資料を作ったり問い合わせに答えたり、様々な業務(ちょっと大使館にも似てますが)をこなしていくうちに、必要に迫られて少しずつ学んでいくことが出来ました。
さらに、世銀/ADBIの通信コースも受講。
専門分野といえるまでには程遠いですが、基礎的な部分はできてきたような気がしてありがたく思います。

それと平行して、TICAD市民社会フォーラムのアフリカ政策市民白書第4号(右カラムにある『アフリカにおける貧困者と援助』)のなかに「市場志向の貧困者支援」として一章書かせてもらうことが出来たこと。
これは非常に大きかったです。この原稿を書いてから、もうずいぶん時間が経ってしまっているので考え方が変わった部分もありますが、今、BOPビジネスということで援助業界だけでなく、民間企業も(特に上場企業さん、このブログに「BOPビジネス」と検索してこられる方も多いです)動いている今、かなりホットトピックなので、ここに関わらせてもらっているのはラッキーでした。

そのお陰で色々勉強しましたし、もちろんこれからもどんどん進化していくつもりです。お問い合わせをいただくこともしばしば。

マイクロファイナンスのこととあわせて、これからも引き続き勉強していきます。

それにしても、これって、わたしが常々思ってきたことに「BOPビジネス」という名前がついたような気がしています。
ビジネスという対等なパートナーシップの健全性、普通のアフリカとつながるということ(=援助などの上から目線ではない、もちろんフェアトレードのように少しバイアスがかかっているものでもない)。

それらがみな、実は水が流れて集まってくるようにひとつになってきたように感じています。

民間のMFファンドも出てきたし、ホラネ、ODAはODAを越えなくてはならないのです。(誰ですかね?農業プロジェクトでマーケティングの部分をすべて「悪」とした方。売れなきゃ続かないんだけど?)

わたしは、これまで自分の考え方やアフリカに対する思い、そういうものすべてを「封じ込め」ざるを得ない職場ばかりに勤めてきたように感じています。
でも、自分が正しいと感じていることはやっぱり正しいし(もちろん、ひとりよがりというのではなくてね)、新しいことはたくさん出てくる。今後、そういうものに突き進んで行きたいと思っています。

大学を出て十年。修士課程が終わって8年?
やっとそういうことが結びついてきました。

●ダンスのこと

これ、ただの趣味では全く無いです。すごく自分の心のなかで大事です。
子どものころからバレエ少女で、いまは、ベリーダンスの師匠について学ぶことで、その深みを感じつつ。表現者になりたい。
これに関しては、これ以上のことはヒミツ。
3月の公演、がんばります。

========

さて。

いま続けている様々なプロジェクトの負担は大きいですが、20代の中ごろ、会社員で営業をしていて苦しんでいた日々より、ずっとずっと進歩していると思います。

2010年もまた、相変わらず万年就職活動なので、無職転落の危険性が付きまとっていますが、でも自分のベースとなるような考え方がずいぶんしっくりと馴染んできたように思います。

メルマガなど、ネットで活動を始めて9年くらいになりますが、いつもご覧いただいている皆様のおかげ。ワタクシの周囲で気にかけてくださる皆さまのお陰です。

これからもどうぞよろしくおつきあいくださいませ。


いつもありがとうございます。

新しい年が、たくさんのハピネスに溢れていますように。



あふりかくじら 拝


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 

Rupurara Moon 〜ルプララ・ムーン〜ジンバブエのクラフトショップ


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!