『国際開発ジャーナル』にBOPビジネスの連載。日本総研の彼女は、いつもの顔だ。
(去年、TCSFのBOP勉強会に来てくれた)

ノキアの例とか、成功例だとわたしも思う。

だけど、ここ数ヶ月でBOPビジネスに関する議論がどんどん進化・変化し続けているような気がする。

その分、ちょっとした幻想がふくらんでいる気がする。

先日、出版社に校正を原稿を最終提出して、近いうちにTCSFの『アフリカ政策市民白書』の第4号が発行されるのだけれど、そこに「市場志向の貧困者支援」ということで拙稿を掲載させてもらった。
(出版されたら、読んでね)

BOP議論の揺れの中で、原稿では以下の感じで書いてみた。

「初期のBOP論は、先進国企業や多国籍企業にとっての新たなビジネスチャンスという捉え方が主流であったが、途上国市場では実に様々なアクターが存在する。(中小零細企業、新興国企業、国際機関、開発援助機関、NGO...etc)」・・・簡単に言えばこんな感じ。

で、BOP層とのビジネス全般をBOPビジネスと呼ぶのではなく、貧困撲滅と開発と言う社会的な目的を掲げた市場ベースの活動及び企業活動のことをBOPビジネスとする・・・といういちおうの整理をした。

ここが大事だ。

ビジネスとしての成功が、貧困削減の成功には必ずしも結びつかない。

起業との連携をドリームしがちな援助関係者が少なくないが、民間と連携したところで必ずしも効率性が上がるわけでもなく、「いいこと」が起きるわけではない。

だって、民間企業の目的は貧困削減じゃない。利益だ。
当たり前。

見ている方向が、やっぱり違うのさ。
だから単純に組んだところで良い結果を生む可能性も、そんなに高くはなさそうなのよ。そりゃあそうでしょう?

なんてことを毎日考えて、なんだか怖い社会だなぁなんて思っております。

どう思うかしら?

↓読んだらこちらをクリックお願いしますわ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 

Rupurara Moon 〜ルプララ・ムーン〜ジンバブエのクラフトショップ


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!