ジンバブエ大統領選。決選投票まであと3週間あまり。
暴力と殺人、逮捕の報道が絶えない。

数日前に野党MDCチャンギライ代表が拘束され、半日後に解放されたとの報道あり。
チャンギライは何でも大勢を集めた集会を開いたのだそうだ。
こういうことをやると、待ち構えていたかのように警察当局が来て逮捕される。殴られる。その繰り返し。

逮捕されていた分裂MDCのムタンバラ氏は釈放されたらしい。

報道によると、ジンバブエ政府が嫌っている英米の外交官にも手が迫っているらしい。もちろん、「外交官」ってやつは特権を持っているので逮捕はできないんだけれど、彼らが選挙にかかわる暴力があったという現場を視察しようとしたところへ邪魔が現れた、というような書きぶりになっている。

このニュース。
Zimbabwe: Spate of Arrests Ahead of Elections

まさに緊張状態。

でもね、思うことも色々あるの。それはまた次に書きますです。

↓いつもありがとうです。( -д-)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ   THE BODY SHOP   

メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。

asahi.comにコラムが掲載されました。

→ 『ジンバブエ・ムトコ地方の小さな村で』

→ 『ジンバブエ、人々の集う教会の風景』