ネルソン・マンデラが初めてOKを出した映画が公開されるそうですね。

マンデラ。

歴史に名を残した人物。すごい人物だと思う。
そして、あまりにもかっこいい。27年の刑務所での生活。そこから南アフリカの歴史を変えた。アパルトヘイトは終わり、大統領になった。そして、宣言したとおりに一期で大統領職を辞し、その後は南アフリカや世界のためにせいいっぱいの活動をしている。

マンデラについては、語りつくせない。

これは、このひとの功績をたたえる映画じゃない。
このひとと、看守の物語。人種主義者が、変わっていく。

これ、トレーラー見ただけで泣いてしまったよ。



色んなものを、これまで身近に見てきた。
南アフリカの友人、周辺国の人々。彼らの痛み。その名残。
そして今の南アとジンバブエの関係を形作っているのは、すべてこのアパルトヘイトだ。

そして、他ならぬ作家ベッシー・ヘッドが生まれ、人種主義の中に育ち、ジャーナリストとなりやがて政治的な亡命をするまでの、そのすべてのことは、「アパルトヘイト」というシステムから始まっている。
多くの人間が命を落とし、多くの人生を変えてしまった。地獄に落としてしまった。そして、現在の南アフリカの抱える格差や犯罪など多くの問題を生み出してしまった。


マンデラというひとは、その歴史の舵を取り、大きく転換させたひとだ。しかし、描くべきはこのひとの功績自体なんじゃない。ひとりの人間として、どう生きるべきか。そして、これからの南アフリカは、国際社会はどう生きるのか。
マンデラが示した道筋と、我々の未来。


とてもとても大切なことを、示唆してくれるはず。


『マンデラの名もなき看守』

sub_01



↓読んだらクリックお願いいたしまする。( -д-)ノ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ   THE BODY SHOP   

メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。

★asahi.comにコラムが載りました!★

☆『海外在住ライター広場』の一推しライターに掲載されました☆