b2cef138.JPG思い出して涙ぐむくらいの幸せな思い出とか、感触とか時間とか。

爆発しそうなくらいの愛おしさを、激しい感情を、大切なひとや誰かにぶつけるのではなく、こころの奥底に大切に大切にそっとしまっておく。




それは自分のこころにふたをすることではない。



緩やかなときの流れの中で、大切に温めていくということなのだ。そのことに、意味があるんだよね。





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ  ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 海外生活ブログへ

メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン