貧困生活線(Poverty Datum Line)という、政府が発表している数字がある。
六人家族が最低限の生活ができる金額である。

これはすでに800%に到達している高インフレ率の影響でうなぎのぼりであり、とうとう3,000万ジンバブエドルになった。

そして、労働人口の約90%が、この金額に満たない給料しかもらっていない。
この異常な経済構造。

失業率は80%であるとの発表がある。
これは、ほとんどがインフォーマルセクターで就業しているからである。しかし、昨年の「秩序回復作戦(ゴミ片付け作戦)」にて、インフォーマルセクターを違法だ違法だと言って一掃してしまった。そして何十万というひとの職を奪った。

もう、人口はずいぶん減っていると思う。
人々は、どんどん国外へ出て行く。