野党MDCの「党首」チャンギライ派の党大会が今週末開催されている。先日、反チャンギライ派の党大会がブラワヨで開催され、新党首ムタンバラ氏が選出されたばかり。

新党首ムタンバラ氏がどうなるかはわからないが、少なくともこれがきっかけとなりチャンギライ派は失速してしまうのだろうか。ムタンバラ氏はMDCの統一を呼びかけようともしている。
いずれにせよ、分裂が深まっているこの状態では、ZANU−PFの思うつぼなわけで。

先週、ムタレにおいて旧ローデシア軍関係者、MDC関係者が大量の武器を不法所持していたとの疑いで、計16名が逮捕されている。
これは、「MDC関係者がムガベ大統領の暗殺を企てた」として一部で報道されているが、真相はわからない。むしろ、政府に逆に利用されたような気もしなくも無い。