ハラレのハイデンシティ・エリアだ。
今日は、例によってムガベの独裁政権を強めるだけの盛り上がりに欠ける上院選挙の日であり、チトゥンギザをはじめ、ムバレ、マブク、タファラといったエリアをぐるぐると回った。

ムバレは、すでに書いたとおり政府の「クリーンアップ作戦」で「違法とされる」住居と店舗が一掃された地域。建築資材が散らばっていて痛々しい。
衛生状態は非常に悪く、子どもたちが駆けずり回っている。

タファラというエリアは、ムビラ奏者兼ダンサーのレジナルドの住むエリアだ。もともとは、マラウィやモザンビークから移住してきた労働者が住むために作られた地域で、とても人口密度が高くごちゃごちゃとしている。
しかし、豊かな地域ではけっしてなくとも、そこはとても懐かしい感じがした。だが、家々がかなりの範囲で壊されている。

チトゥンギザは、ハラレから25キロほど行ったところ。
先日の滝のような雨のときは、三メートル先すら見えず車は最徐行をしたくらい重々しかった空気が、今日はとても軽く明るかった。
しかしながら、下水の問題はある。道端には下水があふれて悪臭を放っている。


メールマガジンに書いたので、詳細はご参照ください。


それから、写真を何枚かメインサイトにアップしました。