『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2021年11月

キャリアカウンセラーさんに、自分の仕事のこと、やりたいこと、何度か話を聴いていただいたとき、こんなことを言われました。「その仕事は他人に譲れますか」作家ベッシー・ヘッドの翻訳や、彼女の言葉を伝える活動についてそれを訊かれたとき、わたしはもちろん0.0001秒で
『その仕事は他人に譲れますか?』の画像

本日もせっせとベッシー・ヘッド作品の翻訳チェック也。翻訳というのは調べ物が大部分の時間を占めるというのは、ずいぶん昔に通った翻訳スクールの先生もおっしゃっていたことだが、本当に調べもの力がものすごく問われるとつくづく思う。そして、調べ物が好きな(興味ある
『ボツワナクエスチョン、掃除と破壊の神』の画像

長年連れ添ったデスクトップパソコンさんに正式に引退していただく儀式を執り行いました。2014年ごろからでしたでしょうか。仕事もダンス関係も翻訳関係もオンラインショップ関係も、すべての苦楽を共にしたデスクトップさん。あの時もこの時も、この子が大活躍でした。。・゚・(
『デスクスペースをアップグレード』の画像

わたしは、仙台で生まれています。でも、仙台に暮らしたことはありません。ただ、母方の実家があり親戚がいるということで、わたしにとっては深い縁があるところです。日曜日、家族の関係で両親と一緒に日帰りで仙台に行きました。仙台に行くのはとても久しぶりになりました
『今日もまた誰かとの一日が終わる〜仙台日帰り』の画像

最近、この小さなカメラでちょこっと日常動画の撮影をしています。insta360 go2といいます。小さいでしょう。トカゲくんとの比較だとわかりにくいかしら。本当に親指サイズしかありません。もともと旅動画や写真を撮るのがとても好きなのです。ミラーレス一眼レフをケニアや
『アフリカ旅動画づくりで活躍を期待!親指サイズのカメラ』の画像

今朝の作家ベッシー・ヘッド作品翻訳の進捗。53/183ページ週末もできなかったし、なかなか進みが遅くなってしまった。そろそろこの作品の翻訳チェックを終わらせる締め切りをやっぱり作ろうかしら…ベリーダンスとか、あるいはアート作品を作っているといったようなビジュア
『今日の翻訳進捗など。動画づくりが楽しい。』の画像

このメインブログ『あふりかくじらの自由時間』の記事が、本記事でちょうど2,500記事になりましたLivedoorブログへ別の場所から移動してきたのは2005年。ジンバブエに赴任するのをきっかけにブログの中身も変えました。実は、2,500本というのはこのブログだけに限っての数字
『2500記事ありがとう&LINE更新通知登録『あふりかくじらの自由時間』』の画像

ベリーダンサーさんでも知らない人もいると思うけれど、Teel Fanというプロップがある。アメリカのベリーダンサーVictoria Teelのオリジナルで、一般的なファンベールよりもひと回り以上大きく、ベールの端が直線ではなく曲線になっている。見た目も美しく動きが華やかなこの
『Teel Fanを楽しむ踊り手になる』の画像

水曜日は、印象的な日だった。すっかり在宅勤務生活なので、オフィスに行ったのは3か月ぶり。ひとと会って話すというのはとても大切だとつくづく思う。色んな「気」を感じて心が動く気がする。良い状態のとき、心の中は穏やかな小川の流れ。波立つこともないような静かなもの
『なめらかな小川の水面のように』の画像

今日。実に3か月ぶりに行ったオフィスの夕方。帰りがけの大ボスが声をかけてくれた。第一声は、「どう?翻訳、頑張ってる?」もちろん、ベッシー・ヘッド作品の翻訳のことであり、そして当然それは会社の仕事ではない。このブログにも書いたが、2019年に朝日のGlobe+にわた
『夢はいつから、語ってはいけないものになっていたのだろう』の画像

↑このページのトップヘ