『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2018年09月

先月、浅草のbook&bedに泊まったときに出会ったこの本。さすがに読みきれなかったので、改めて入手して読了。★この著者は、インド北部の山奥の果ての方にあるラダックという地域に滞在して、ガイドブックやこのエッセイを書いている。この地域がまた、とても遠い。そして、
『息を呑むような空と水面、人々『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々』』の画像

東京Jazz Festivalにて、Tigran Hamasyan Trioのライブ。アルメニア出身のピアニストTigranモダン、コンテンポラリージャズというのか、トリオでは、斬新なサウンドとリズムの組み合わせが最高だった。変拍子を混ぜていて、そのリズムがほんとうに絶妙。異世界に旅しているみ
『ライブ。』の画像

↑このページのトップヘ