『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2016年04月

ザンビア13日目。お天気のよい日曜日!今日はお出かけなしで、ゆっくりします。★昨日、土曜日ショッピングデーの続き。朝、Kamwala Shopping Districtにて中東な雰囲気でチテンゲを仕入れた後、(→記事【ザンビア】アフリカンプリントはアフリカンとは限らない件。 )きっ
『【ザンビア】1,500万円の木彫りのワニだった。』の画像

ザンビア12日目。二回目の週末土曜日。 朝は曇り、昼前から良いお天気に。 ★ 今日はたくさんお出かけする予定はいれずに、のんびり過ごすことに。 今日の目的地は、Kamwala Shopping District 街の中心部のCairo RoadとIndependence Avenueのあたり。 古くて独特な風情
『【ザンビア】アフリカンプリントはアフリカンとは限らない件。』の画像

4月17日は敬愛する作家ベッシー・ヘッドの命日です。1986年にボツワナはセロウェ村にて48歳の若さで肝炎で亡くなったので、今年でちょうど30年ということになります。 生きている彼女に会うことはなかったけれど、大学生だったわたしが現在まで彼女のことを思い続けた日々は
『ベッシー・ヘッドのことを伝えるというより、自分の見た心動かされる風景のことを伝えたい。』の画像

ザンビア11日目。 遠い国にいるのに、地震警報アプリが鳴り続ける恐さ。ニュースはたくさん入ってくるけど、遠いところにいる分、どこか異様な恐ろしさが感じられる。どうか、少しでも被害が少なくてすみますように…。熊本のことで、心がかなりそわそわしています。★たく
『【ザンビア】仕事慌ただしくも、ランチはゆったりしたが。』の画像

ザンビア10日目。午後、仕事中にiPhoneの「ゆれくる」(地震通知アプリね)が何度も鳴り続け、「震度7」などを表示し続け、背筋が凍りそうだった。海外出張中に「ゆれくる」がなるのは、いつもとても恐い。(文京区の大雨警報も恐いけど)あまりにリアル過ぎる。とくに、自分
『【ザンビア】情報が近づける世界と物理的距離の変わらなさ。』の画像

ザンビア6日目その2。Rupurara Moonのお仕事としてはとりあえず必ず有名なマーケットはチェック。こちらはルサカの日曜マーケット。(普段は別のところに出ている露天商さんたちが、日曜日にはここへ集まるのだそう)ケニアやジンバブエと比べるとずいぶん小規模だなと思った
『【ザンビア】ローカルマーケットにローカルのものが少ない件。』の画像

ザンビア6日目、日曜日。昨日朝の大雨とは打って変わって、良いお天気。★アフリカ各国でのモバイルマネーは年々進化を遂げている。電話番号とテキストメッセージだけで送りたい先に送金ができ、全国各地にあるキオスクなどの代理店で受け取れる。田舎の家族、お友だちへの送
『【ザンビア】やはりアフリカの携帯の方が利便性が高いと思う点。』の画像

↑このページのトップヘ