『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2011年11月

昨日今日と、横浜は山下公園にてアフリカンフェスタ。 良いお天気の中、アフリカ日本協議会(AFJ)さんのブースにてRupurara Moonの商品を少しですが出品してます ↑すてきなビーズチョーカーとブレスレットなどは、南アフリカのものですが、残念ながら当店のもので
『アフリカンフェスタ2011にちょっとだけ出品。』の画像

今週末は、横浜にてアフリカンフェスタですね。 準備に忙しくされている方もたくさんいらっしゃるでしょう。 ワタクシは、ほんの少しだけRupurara Moonの商品をあるブースに出させていただくことになりそうですアリガトゴザイマース。 そして。 こちらは別
『アフリカンフェスタ。Rupurara Moonは・・・?』の画像

怖い絵なんです。 ものすごく黒くて、迫力があって、リアル。 『ヤクーバとライオン』という本。 絵本なのですが、強烈な絵なのできっと子どもは泣くと思います。 でも、これほど心にストレートに染み入る本って、そうたくさんはないんじゃないかと思います。
『心に染み入る「勇気」と「信頼」』の画像

またこのネタで最近ニュースがにぎわっている。 ジンバブエと「ゲイ」の人権問題。 これまでもずっと、ムガベ大統領は「ゲイ」は「違法」にするべきという厳しい態度を取っており、国内外の強い反発を呼んでいる。 伝統的にキリスト教では同性愛を認めてこなかったが
『選挙、チャンギライ、Gay Rights』の画像

今年二回目のRupurara Moon展示販売イベントをやることにいたしました。 前からBar Fatimaさんにはお願いしておりましたのですが、夕べ、おいしいカクテルをいただきながらふとタイトルを考えまして。 『Rupurara Afternoon〜ルプララムーン 展示&販売イベント』とい
『11/27(日)展示&販売イベント『Rupuraraアフタヌーン』開催予定。』の画像

たまたま、仕事でモザンビークのあるえらい方からCDをもらった。 Jimmy Dludlu、南アフリカのジャズギタリストのCDですね。 知っている方がいたら教えてほしいんだけど、このひとは、もともとモザンビーク出身?南ア人じゃないのかな。 あんまり南アジャズ

↑このページのトップヘ