『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2008年12月

ごきげんいかが( -д-)ノ 今晩、メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』発行いたしましたよ。 とってくださってますか。見てね。 いつも、魂削って書いてます。(多分) では。 12月、皆さん、お疲れ様ですわ。 ↓いつもありがとうです。  
『メルマガ。』の画像

しばらく放ってあったけど、また拾い上げて読みました。 開発コンサルタントによる本書。 こんなことまで書いていいのか、というようなことまで、開発調査についてあれこれ書いてある。長年の思いが詰め込まれている感じ。 だいぶ専門的なので、バックグラウンド知識

暗い話ばかり。 ワタクシの精神状態も、正直言うと危機的状況です。 でも、命あることをありがたいと思って生きなくてはいけないのに、どうしてもないものをねだり、自分の置かれた状況を嘆く。そういうのがニンゲンなのかしら。 で。 明るい話。 職場の前
『アフリカ丼を召し上がれー。』の画像

ご機嫌いかが? アタシは・・・・まぁ、ひどいけど。何とか。生きてりゃいいんじゃん? こんなニュース。日本語でしか見てないのでよくわかりませんけれど。 「コレラは旧宗主国、英国による大量虐殺」 ジンバブエ閣僚 きたか、って感じ。 ほらね、何があって

とりあえず、生きてます。 いろいろあって、 心のなかは尋常じゃないけれど お気に入りのNEXTで服を買って、 お店のお兄さんにシャンパンとチョコレートで祝ってもらって。 ひとりで、SATCを観て。 誰にも会わなかったけれど。 会いたいひとにも、会えなかった
『cake-tiser』の画像

アムネスティ・インターナショナルのMake Noise for Human Rightsというキャンペーンのお知らせが来ている。 12月10日って人権の日、なのかな。 ジンバブエで、少なくとも活動家が18人「誘拐」されたということ。 この日に、政府に抗議電話をかけたりニュースサイトや政
『誘拐に警戒。』の画像

ごきげんいかが? 師走ですね。走ってますか。 いつも掲載させていただいている朝日新聞のウェブ版、アサヒコムの『魅惑大陸アフリカ』「モザイクアフリカ」に、くじらのシリーズ・ジンバブエ(3)が載りました。 脅かされるささやかな暮らし シリーズ・ジンバブエ(3
『朝日新聞サイトのコラム掲載。』の画像

ジンバブエに関するニュースがたくさん欧米のメディアで流れていて、それらは日本語ニュースにもなっているので、状況がまずいことがよくわかる。 もっともっと、流さなくてはいけない情報だと思うけれど、日本ではなかなか流れない情報だ。 コレラの状況もひどい様子
『大丈夫、ってどれくらいのことを言うのか。』の画像

いやー、お疲れさま、あたし。 とりあえず、半泣きでぎりぎりまで向き合ったプレゼンの準備も終わり、無事、眠たい金曜日を迎えてTCSF勉強会で発表しました。 BOPをめぐる議論とアフリカに関しての可能性を考える!みたいな。 いや、しかし本当に2秒くらいの思いつ

カウントダウーン。( ´∀`)つ やばい感じ。でも精一杯気持ちを込めて頑張ります。 ううー。まだ作業中です。 TCSF勉強会にて、BOPビジネスをめぐる議論について問題提起。 関心ある方、来てくださいまし。 18時とちょっと早いけど。 ね。 ・・・と自分にプ
『BOPビジネスとアフリカ。』の画像

↑このページのトップヘ