『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2008年09月

これ読みました。 毎日の記者の方が書かれたコラム。 この方、お目にかかったことはないけれど、ヨハネスブルグからいつもジンバブエ関連の記事を書かれているのでお名前はよく知っている。 なるほど。 一方的な見方にならないように配慮されたことも、ジンバ

ジンバブエや南アのこと、独裁国家だ、アパルトヘイトだと切り捨てるニホンゴのブログ記事やらなにやらをたくさん見かける。 興味が薄いとか、独裁だから仕方がないとか、絶対行かないとか、書かれている。 実に気分が悪い。 何でそういうことになっているかって
『今日のひとりごと。』の画像

南アのムベキ大統領が辞任表明をしたということで、ジンバブエ政局も揺らぎそうです。 南アフリカの影響は絶大でしょうね。 そして、案の定、「パワーシェアリング」がもめている状態のジンバブエ。ムガベ大統領側と、チャンギライ側で誰がどの大臣を指名するのかなど

今年もひらげさんがジンバブエへ行った。毎年、レジナルドに会いに行くのだ。 アフリカ研究つながりでまだわたしが新卒のころに知り合ったひらげさんは、ものすごく勉強家でたくさんのことを知っている。とくに、文学・音楽関係においては、このひとほどアフリカ、とくに
『レジナルドとひらげさん。』の画像

レッスンに行ったら、ジンバブエの大統領はそのままに首相ポストができたというニュースを見たと言ってくれたひとがいた。それだけ、これまで関心をとくに持っていなかった人でも見てくれているニュースということだ。(アタシの影響か??) とくに、10桁の通貨切り下げの

っていうコンセプトのフリーペーパーが出ました。 第一号の特集は「イイコトしたいお年頃?」ということで、UNICEFの取材してます。 で、友人がこの企画をやっております。 わたくし、あふりかくじらもちょっと協力させてもらうことになりました。 大人女子、見て
『かっこいい大人のオンナ。』の画像

(1)「ムガベ独裁体制」って繰り返さないでほしい。また「悪者ムガベ」という構図か。安易に「独裁」ということばで片付けていいのか。(確かに独裁ではあるが、その背景に複雑な問題が絡んでいることを忘れないでほしい。というか、知らないで書いているひとが多数なのだろう

署名をしたそうです。 ムガベ大統領、チャンギライ首相、ムタンバラ「副首相」?「副総理大臣」?ということになったということで、式典があったということです。 Zimbabwe: Leaders Sign Historic Unity Pact そうですね、歴史的です。 各紙で報じられているとお
『チャンギライ首相の誕生。』の画像

↑このページのトップヘ