『あふりかくじらの自由時間』

南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

『あふりかくじらの自由時間』 イメージ画像
Hitomi Yokoyama / Amelia / あふりかくじら
南アフリカ・ボツワナの作家「ベッシー・ヘッド」の紹介をライフワークにしています。
詳しくは⇒ 『【BHの命日35年に寄せて】セロウェの夜明け〜作家ベッシー・ヘッドと出会ってから今までのこと』

■国際協力コンサルタント
ベリーダンサーAmelia
■著書『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2008年06月

この写真、投票ボイコットのキャンペーンみたいです。 メールで、赤い紙を撒き散らすキャンペーンに参加せよ!みたいなのが来ていましたが、それも実際に行われたようです。 (allafrica.com) ほぼ完全に、ジンバブエ政府は孤立してしまったのではないでしょうか。
『決選投票決行。』の画像

27日(金)のジンバブエ大統領選挙の決戦投票に向けて、動いてます、動いてます。 どうなるんだろ。 とうとうSADCがジンバブエ政府に選挙の延期を求めたようですよ。 これまでSADCはジンバブエに対して強い態度に出ることがなかったけれど、やっとこういうのが出たよ

はい。 ジンバブエ・クライマックスですよ。やっぱり。 Kubatanaに、MDCの選挙管理委員会に対するレターというのが載ってます。 何故、この決選投票を辞退するのか。ということ。 たくさんの矛盾。 自由で公正な選挙は、のぞめません。 MDC letter of withdr

チャンギライMDC代表は、27日の決選投票に出ないと言っているようです。 でも与党側はこれを非難。正式な辞退手続きをしていない、云々。 しかし、自由で公正な選挙はとてものぞめないなかで、チャンギライが言うことはいちおう筋が通っているのですよね。うむ。 オラ

夜更かしついでに。 これ、10年前、大学生だったころに初めて訪れた南アフリカで、あるひとにいただいたもの。 アフリカの形をかたどったゴールドのペンダントトップ。 サイの形にくりぬかれていて、ちいさな足跡がついている。 そして、わたくしの名前が彫ら
『アフリカのかたち。』の画像

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.エンピツ「あふりかくじらノート」と一緒☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. とても魅力的なひとに出会った。 「アートなひと」というのにはすごく反応をするのだけれど、たまたまのんびりしたお休みにしようとした今日、このひとに出会えるなんてとてもうれし
『「アートなひと」と出会う。』の画像

あれこればたばたしておりまして、やっとブログに向かいますです。 いかがお過ごしですか( -д-)ノ さて。 6月27日に予定されているジンバブエ大統領選挙の決選投票が、もう一週間きってしまいました。 ニュースを見ていると、もう暴力とか抑圧とか、国際社会の批判

メールマガジンを二種類やっておりますが、皆さま、登録されておりますでしょうか。 最近発行されてないじゃん、というお声も聞きます。すみません。 そのひとつ、【あふりかくじら★カフェ】がメルマガ発行スタンドの「めろんぱん」さんでオススメとして紹介されていま

『アフリカ 苦悩する大陸』というエコノミストの記者が書いた本を読んでいる。 まだ途中だけど。 ジンバブエについてのストーリーを読んだ。すらすら読めるのは、ジャーナリストの書く文章の特徴か。 それにしても、ものすごくドラマチックに描いている。しかも、こ

ジンバブエ大統領選。決選投票まであと3週間あまり。 暴力と殺人、逮捕の報道が絶えない。 数日前に野党MDCチャンギライ代表が拘束され、半日後に解放されたとの報道あり。 チャンギライは何でも大勢を集めた集会を開いたのだそうだ。 こういうことをやると、待ち構え

↑このページのトップヘ