『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

Kindle出版

なんで初めて彼女のことを知った90年代から、こんなに人生変わっちゃうまで彼女のことがいつまでも「気になる」のか、彼女と心が強烈に「つながっている」気がするのかわからないけれど、たぶんそれはとてもパーソナルなことだからだ。というのは、さておき。 作家ベッシー
『作家ベッシー・アメリア・エメリーの命日。ボツワナに行った日。』の画像

ザンビア20日目。来週は忙しくなりそうなことがわかっているので、 週末はできるだけのんびりです。★今回、日本語の紙の本を持ってくるのを忘れました。 いつも絶対に何冊か持ってくるのに。Kindleもあるので油断したのかも。角田光代さんのエッセイが好き。幾千の夜、昨日
『【ザンビア(番外)】旅先で読む本は旅を彩る重要な要素。』の画像

大学生のころ、わたしは何を考えていたかなと、ふと思った。 やたら熱くて不器用で、壮大な野望の塊みたいで愛すべき無知な感じでもあったけど、よく頑張りましたと思う。その時代のことから今につながるようにこの本を書いたのだけれど、それは本当に大切な作業だったと思う
『大学生のころ何してました?どんなこと考えてました?』の画像

昨今、色んな動きがオンライン上でめまぐるしい。最近、安藤美冬さんと白木夏子さんがオンラインサロンを始めたようす。安藤美冬×白木夏子オンラインサロン Wonderland  このお二人だとなかなか最強タッグですね。海外ツアーもあるらしい。どんなとこまでいっちゃうんだ
『オンラインサロンとの関わりと発信すること。(Kindleと「ちゅうつねカレッジ」)』の画像

Kindle本を出版したという話をしていると、周囲から、そういう方法があったのかという声もいただきます。 まだまだ知名度が低いのかもしれません。 もっとも、出版したいというアンテナが高くないとあまりそういうサービスに気づかないのかも。 もし、関心があるかも
『Kindleという面白いツールがある時代です。』の画像

↑このページのトップヘ