『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

日記・ひとりごと

国際協力コンサルタントの仕事もずっと悩みながらやっている感じでしっくりこなくて結果も出すことがままならないまま、少し考えさせられることがあった。この件については改めて書くつもり 気温が下がってきて温かいココアが心を溶かす。いつもココアで思い出すのは十数年も
『ローデシアの記憶に生きるひと、温かいココア』の画像

半年に一度のペースでイヤリングをなくす。何度か過去にも書いているんだけれど。身につけているものをなくすというのはけっこうショックが大きいもので。心にポッカリ穴が開いた感じになる。このウガンダのペーパービーズイヤリングはなくしていないけれど、ちょっと華奢な
『片方をなくす』の画像

話題になった中で、気になったことの一つにこれがありました。台東区でホームレスの人々の避難所への入場が拒否されたという話。真偽のほど、経緯はわかりませんが。本当だとしたら、命を差別しているということになってしまいます。嵐の中、放り出すということがまかり通る
『非常時に露わになる差別意識』の画像

巨大な台風19号が過ぎ去り嘘みたいな台風一過の青空が眩しく輝いています。皆さまのところは大丈夫でしたでしょうか。千葉あたりでは停電もまたあったようで。。。そして、長野県や東北など川が氾濫して大きな被害を受けたところがたくさんあるようでおそろしい映像に愕然と
『台風一過だけれど、被害はこれから』の画像

わたしはわりと怖いなと思ったらやらない方なんですね。たとえば、ブルキナファソで、ワニに触っていい施設とか。車でスピードを出しすぎないとか。赤信号を渡らないとか。わりと日本のひとは、そういうひとが多いような感じがするのですが。でも、アフリカの国だとそれを笑
『不安と危険に備えるひとを笑う』の画像

今日はあるIT系の専門性をもつコンサルタントの方とミーティング。いくつかのアフリカ案件について話す。国際協力コンサルタント、あるいは開発コンサルタント。わたしは主にこの仕事をやるようになって実はそれほど経っていなくて、たぶん7年くらい?それ以前は、政府系のい
『少しずつ融合していく国際協力コンサルタントという存在』の画像

最近、ものすごくひとつひとつのことがありがたくて。とくに誰かと巡り合うことの奇跡を感じる。今、この瞬間に誰かと会い、時間を共有することのなんとすごいことかと、胸がいっぱいになる。この瞬間は、当たり前だけれど今しかなくて、そのことに気づくほどに感謝の気持ち
『そのひととの出会いにありがとうと言いたい』の画像

色んな形の端材を使って命を吹き込む。ガラクトーイには、本当に不思議な魅力があります。クスッと笑ってしまったりハートをキュンキュンさせてくれるような生きものたち。作者の森さんは、もう20年くらいこの生きものを生み出しているのだとか。現在、千石の八百コーヒー店
『ガラクトーイのオレンジくんからはじまった八百コーヒー店との11年』の画像

↑このページのトップヘ