『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

日記・ひとりごと

とてもうれしいのが、仕事でご一緒している方(男性)がわたしのKindleで書いた本を読み、感動したと何度も言ってくれること。しかも、2016年に出したこちら・・・セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
『ことばにして思いを届けるということ。』の画像

先週のコンペ直後からひどい風邪をひいて未だに引きずっている。山ほどの予定を抱えすぎて、もう休め、というサインか。★もちろん、コンペに向かっては血と汗と涙が滲むほどの努力を!という考え方もある。プレッシャーもすごい。仕事でも何でも、「やらねばならない」の強
『やらねばならないを手放せば。』の画像

ゴールデンウィーク中からずっと走りっぱなしな気がする毎日。今週末のコンペのこと。来月のバンコクのフェスのこと。(詳しいことはまた書きます。一緒に行くひとがふたりきてくれました)そして、いま最後の仕上げをしているKindleのエッセイ本のこと。(もうすぐ出します
『書きたいことがあれば書き、やりたいことがあればやろう。』の画像

たくさんたくさん詰め込み過ぎてほとんど終わらず、たくさんの反省をしておりましたわたくしでありますが、このゴールデンウィークでひとつ(ほぼ)やり遂げたことがございます。★エッセイの執筆です。分量が多すぎるので、とりあえず2万字をKindleで出し、続きはまた別にし
『ゴールデンウィーク。』の画像

山梨県北杜市。小淵沢から一駅。もちろん特急は止まらない長坂。静かで美しいところだった。八ヶ岳や甲斐駒ケ岳。どこもお店が開いていなかったけど、ちょっとだけ開いている地元のお店も。ほうとう。アフリカンアートミュージアムまでは長坂駅から30分ほど歩いて行きました
『アフリカン・アートの旅。』の画像

日帰りで行こうと思っていたけれど、色々あって、たくさん詰め込みすぎたスケジュールの合間をぬって一泊で行くことにした。山梨県北杜市のアフリカンアートミュージアム。企画展示は、「Prayer for Fertiity〜豊穣の祈り」アフリカだけでなく、オセアニアやアジアのものもあ
『アフリカン・アート。』の画像

手帳とノートがとても好きでして、いったいどれだけたくさん書くんだってくらいの数のノートを持っています。何度かブログにも書いていますが、「あふりかくじらノート」というほんとうの紙のノートを二十歳の誕生日からほぼ毎日持ち歩いています。日記というよりも、思いを
『重たいかばんを軽くする。』の画像

近いのでほんの一泊だけなんだけれど、両親宅へ。長年の懸案だったのは、古い荷物で溢れかえっている恐ろしいクローゼット。いつも慌ただしかったため、これを綺麗にする機会がなかったが、今回こそはと思って手帳に書いていた。★こわいので全貌を写した写真はありません。
『実家片付けで振り返り気づく。』の画像

↑このページのトップヘ