『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

TICAD市民社会フォーラム

くじら、生きてますヨ。ダイジョウブ( -д-)ノ 昨日ですね、やっと届きましたよ。 『アフリカにおける貧困者と援助〜アフリカ政策市民白書2008』が! すごい時間がかかってますよ。 みなさんの努力の結晶。(アタシもまぁ、そこそこ努力したけど) やっと・・・(/TДT)
『『アフリカにおける貧困者と援助』』の画像

土曜日の解散総会で、無事、当初の予定通りTICAD市民社会フォーラムは3月末を持って解散となった。もともと、TICAD IVを目指して活動していた団体だったのだ。 いまでも、思い出す。 TICAD IIIの前の日、集まっていたアフリカからのNGOとのシンポジウムで、彼らは怒
『TICAD市民社会フォーラムの解散。』の画像

本日、TCSFの打ち合わせ。 白書の第4号を作っている。 ぎりぎりスケジュールだけれど、きっと「集大成」と呼べるものが出来るはず。・・・? アフリカ政策市民白書を、これまで3号出版している。 アフリカ政策市民白書 2007―TICAD市民社会フォーラム(TCSF) (2007)

もちろん、ものごとがすべて良い方向に収まったわけでは全くないけれど、全体としてTICADプロセスにおける市民社会の参加は大きく前進をしている。 その点は評価されるべきだ。 素晴らしい仕事をしたと思う。 これまで5年間の、アフリカのNGOたちや日本のNGOの活動。
『TICADも終わり。』の画像

はい。 すごーく大事なことです。( -д-)ノ こちら、TCSFのメルマガ号外です。(貼り付けただけやん) でも急いでここにも載せておきたい気がするので、みてくださいね。 ギュスターブさん、本会議で発表していたけど、フランス語だったからわからなかった。→TNnetの

パス問題、メディアがたくさん取り上げてくれたお陰もあり、そして何より、多くの関係者の皆さんの努力により、妥協案。11枚。 そしてTICADが始まりました。 (詳しいことはTICAD市民社会フォーラムのサイト等で) 私は仕事(通勤仕事のほう)上でも、NGOのほうでも参

パス問題、多くの新聞などに掲載されました。 結果、なんだか妥協案のように9枚に増えたようです。ううむ・・・。 しかし、この件が大きく報道されたのはよいことではあるでしょう。 今日、アフリカ学会で京都にきております。明日まで。 すごくいろんなひとに久

TICAD IVを来週(28日〜30日)に控え、ここへきて大問題が発生です。 TNnet事務局であるTICAD市民社会フォーラム(TCSF)が緊急体制で動いています。各メディアなどにも流しましたので、今朝の朝日新聞に載っていました。 こちら → 『TICAD、NGO参加を制限 

↑このページのトップヘ