『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

ベッシー・ヘッド

夜が明けていく。 遠くの空から、いつのまにか少しずつ広がっていく夜明け。 ひんやりとした空気の中で、ただただ、わたしはこんな人生を生きてきて、そして今、地球上のこの場所にいてこの夜明けと出会っているのだなと漠然と思う。 静かで、自分のこころが澄
『夜明けの大地。』の画像

なんだか。 知らないうちに、Wikipediaにベッシー・ヘッドのページが出来ているし、なにげにその一番下の方にわたくしのページへのリンクがはられております。 「オフィシャル・ベッシー・ヘッド・サイト」と「あふりかくじらの自由時間」でございますよ、アナタ( -д-
『若干、wikiに登場してる?』の画像

ながーいながーいお話に付き合ってくださったみなさま、ありがとう。 ベッシーについて語るということは、わたしにとってとても意味のあることでした。 ライフワークなのでした。 ピンクのガーベラをくれたユミリー、ありがとう。 少しずつ、深まってい
『ベッシーについて語ること。』の画像

今日、Tunapenda Africa学習会です。 なによりも、ベッシーについてもう一度レビューしていくたびに、自分と向き合う気がするって、やっぱりライフワークなんだなと思いつつ。 色んな人に、自分の中の「アフリカ」を見つけていってほしいな。 なんて思ってます
『【事務連絡】本日、ベッシー・ヘッドに関するプレゼン。』の画像

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.エンピツと一緒 なんだか胸が一杯に。 週末のプレゼンのために、2007年のベッシー・ヘッドのシンポジウム記録を読んでたんだけど。聞いたことのある話のはずなのに、なんだかカフェで涙が出そうになった。 彼女が死ぬときのこと。 や
『ベッシー。』の画像

皆さま( -д-)ノ いつもはこのようなお知らせはせずにスルーするのですが、今回は気まぐれで載せます。 Tunapenda Africaという熱心なアフリカ関係の学習会グループさんにて、トークをさせていただきます。 私、アフリカ、ベッシー・ヘッド。 最近はずっとジンバブ

「普通のアフリカとつながる」っていうのがわたくしの大テーマなわけで、そんな文章をよく書くのだけれども。 縁あって、あるアフリカ関係の「学習会」でトークをさせてもらえることになった。 最近は、ジンバブエの政治経済モノばかりだったけれど、ここでは作家ベッシ
『ベッシーとあふりかくじら。』の画像

今、タイトル書いてびっくりしたよ、アタシ。 作家ベッシー・ヘッドに出会ってもう11年? 早い。 マイ・ソウルメイト。ベッシー。 最近、ときおりベッシーの名で検索してわたしのサイトに来る方がいるのだけれど、ご関心あるのかしら。そうよね。 これまで、彼女
『ベッシー・ヘッドを愛して11年。』の画像

↑このページのトップヘ