『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

ベッシー・ヘッド

コンサル仕事のピークがひと段落して、今日、日曜日はやっとゆっくり翻訳をした。翻訳というより、数年前に完成している作家ベッシー・ヘッド作品の訳を現在のわたしがすべてレビューし直そうというもの。だからゼロから訳すよりは早い。数年でずいぶんわたしの「中身」も変
『ことばに耳をすませる。』の画像

InstagramやTwitterにも流したけれど。来週にはとても大切なアポがあって。ほんとうに心から感謝していて。自分が昔語った大切なこととかちゃんと覚えていてくれて気にかけてくれているひとのいることのなんとありがたいことか。だから、自然体で、自分に素直にワクワクする
『うつくしい言葉を紡ぐ心。』の画像

少し時間が経ってしまったけれど7月6日は作家ベッシー・ヘッドのお誕生日。48歳の若さで、ボツワナのセロウェ村で亡くなった。生きていたら82歳。ここ数年で、1960年代終わりから1970年代に出版されたベッシー・ヘッド作品の新版がある出版社から次々と出されていて、改めて
『「ひとびとは宗教や神がいなくてもやっていけるのだ」(ベッシー・ヘッド作品より)』の画像

作家ベッシー・アメリア・エメリー(ベッシー・ヘッド)を初めて知ったのは大学三年生のときだったと思う。大学時代、英国大学院時代を通し、ベッシー・ヘッド作品の政治性や社会的側面、アイデンティティの問題を研究していた。実際にボツワナに行こうと思ったのは大学4年生
『ベッシー・アメリア・エメリー(ヘッド)作品の翻訳出版のこと。』の画像

三連休はもちろんずっとオフィスで深夜まで仕事だった。でも、これだけは行こうと思っていた。仕事が超ピークなのを承知で、昨年のうちに参加申し込みをしていた。台湾文学翻訳家 天野健太郎さんを偲ぶ会。昨年11月に47歳の若さでご病気でこの世を去ったこと。いまだに信じた
『いつものコーヒー店で天野健太郎さんに話した、ボツワナの作家ベッシー・ヘッドの翻訳を世に送り出す夢のこと。』の画像

7月6日はベッシー・ヘッドのお誕生日だということで、密かにボツワナに思いをはせております。以前からわたしを知っている方はよくご存知だと思うけれど、わたしのライフワークの一つは彼女の作品を日本語で出版すること。(実はもうできてるんだけどね)もちろん、Ameliaと
『Ameliaというお名前。』の画像

なんで初めて彼女のことを知った90年代から、こんなに人生変わっちゃうまで彼女のことがいつまでも「気になる」のか、彼女と心が強烈に「つながっている」気がするのかわからないけれど、たぶんそれはとてもパーソナルなことだからだ。というのは、さておき。 作家ベッシー
『作家ベッシー・アメリア・エメリーの命日。ボツワナに行った日。』の画像

↑このページのトップヘ