『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

ひと

自分と全く違う価値観のひとに会い自分の価値観を崩すがむしゃらに働き過労状態、失恋までして出発したハードな世界一周バックパッカー坂田ミギーさん最近、たまたまこのひとの本を読んでとても心に響いたそして、今日はタイムリーにもケニアはキベラスラム・マゴソスクール
『『旅がなければ死んでいた』坂田ミギーさん&早川千晶さんトークに激しく頷いた』の画像

この社会情勢で歴史的なことなんだがわたしが現在所属する会社ですら、なんと今日からしばらくのあいだ「リモートワーク」なるものに手を出すことになったこれはすごいことだ。もちろん、昭和的に紙にハンコなど様々なことがびっくりするような時代のままだったが、去年から
『リモートワークにもならないリモートワーク対応だが』の画像

ボツワナの外務国際協力大臣ユニティ・ダウ(Unity Dow)の小説『隠された悲鳴』(The Screaming of the Innocent)の邦訳版を読了。一気に読んでしまった。この人のことを知ったのは、2007年のことだった。ボツワナで、作家ベッシー・ヘッドの生誕70年記念で様々なイベントがあ
『あの日セロウェでお会いした判事の記憶『隠された悲鳴』Unity Dow』の画像

マザーハウスのチーフデザイナー兼代表の山口絵里子さんのご著書。Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス) [単行本(ソフトカバー)]山口 絵理子ディスカヴァー・トゥエンティワン2019-08-13彼女のぶれない芯の強さと優しさにはいつも心を動かすパ
『1かゼロかではない ぶれない第三の道『Third Way(サードウェイ)第3の道の作り方』山口絵里子さん』の画像

今夜は、半年に一度のペースでお会いするあの方とのお食事の日。年齢はわたしの親世代に近くて昔からお仕事でとてもとてもとーってもお世話になっている方。長年、国際協力業界で政府系のお仕事でそれこそケニア中心にアフリカ諸国はもちろん、インドをはじめとしたアジア諸
『半年に一度わたしの世界を調律してくれるひと』の画像

書道家の武田双雲さんがとても好きで、もうずーっと何年もの間メルマガにはじまり、ブログ、インスタ、ツイートみんなフォローして著書も読んでる。そんな武田双雲さんにインタビューしているのがなんとマザーハウスの副社長 山崎大祐さん。わたしのマザーハウス好きはかなり
『武田双雲さん×山崎大祐さん「今、この瞬間」を幸せに生きるススメ』の画像

つい先ほどニュースを見たばかりでまだあまりことばが思いつかない。緒方貞子さんが亡くなったそうだ。 国際社会で本当に影響力を持ち歴史に残る活躍をする緒方貞子さん。わたしのように、彼女を心から尊敬しているひとは世界中にたくさんいると思う。人間の安全保障はもちろ
『尊敬する緒方貞子さん』の画像

台風の被害が甚大で、本当に自然災害の物凄さを物語っています。自分にできることはいま、募金と情報シェアくらいだけれど。災害の多いこの日本。真剣にとらえていかないといけませんね。====今年公開された映画の方を先に観てしまったのですが、その作品のもととなった
『「風をつかまえた少年」』の画像

↑このページのトップヘ