『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

ジンバブエ全般

この計画は心に留まったので、紹介させていただこうと思います。 ジンバブエ貧困地区の子供たちに安定した食事とシェルターを! 青年海外協力隊の方でハラレのポリテクで建築を教えている方のReady for?(クラウドファンディング)プロジェクト。 孤児の
『ジンバブエ孤児のためのケアハウス。(Ready for?)』の画像

NFC (Near Field Communication:近距離無線通信)とはいわゆる「おサイフケータイ」に使われている技術で、非常に便利なテクノロジーですね。 ジンバブエの携帯大手Econet社は、これまでEcoCashというモバイルペイメントサービスを導入していたけれど、これは要するにアカウ
『ジンバブエで「おサイフケータイ」?EcoCashがNFCへ。』の画像

我が国がいよいよな局面を迎えるなか、ジンバブエの選挙も7月31日に迫っている。 2008年の大統領選挙では、政治的暴力の嵐で、多数の人間が命を落とすことになった。 しかし、あの狂気のハイパーインフレーションと、国家サービスがまったくうまくたちゆかなくなって、教育
『「公正な」選挙と政治的暴力とペイシャンス。』の画像

ぼちぼち開催予定のTICAD Vにジンバブエのムガベ大統領が出席予定であるということで、ニュースにも流れてきたみたいで、日本のジンバブエ関係者のあいだでも話題になっている。 大統領のことだから、突然キャンセルなんてことも十分にありうるとはいえ、「イエス」の返事

しばらくぶりにジンバブエのことを。 ZANU-PFの全国大会が開催されていたようで、当然のことながら来年予定されている大統領選挙には現役ムガベ大統領が候補になる。来年88歳。 話題となっていたのは、中国のこと。 ジンバブエでは現地化・エンパワーメント法により

ショナ彫刻のおっきいのを、いつかお家に飾りたいと夢見ています。 ま、いまのところ、手のひらサイズどまりですが Rupurara Moonのfacebookページにも書いたのですが、今日、抽斗の奥から出てきた(わたくしの記憶の彼方に忘れ去られていた在庫・・・)シ
『石の家の国のショナ彫刻。』の画像

今日、facebookで、お友だちの近況にちょっとおふざけっぽくコメントしたことば。 「○○ちゃんがお勉強を頑張って今度のテストで一番になったらあのショウウィンドウのドレス、お母さんが買ってあげる」「ホント?約束よ」 ・・・という謎の劇のセリフ。 このシチ

はい。 すっかりいまさらな感じですが、先週、来日されたチャンギライ首相の講演会二本立てに出席しましたので、自分なりのメモを (あくまで、あふりかくじらとしてメモった点のみ) 『ジンバブエ投資セミナー』 ■政治的不安定さにもかかわらず対ジ投資への関
『チャンギライ首相と日ジンバブエ関係。』の画像

↑このページのトップヘ