『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

アフリカ研究

20世紀の始まりとアフリカビジネス。

19世紀から20世紀にかけての歴史の本を読むと、ときにとても興味深い。

それほど遠い昔のことではないから、現在の社会に息づくひとやものが、垣間見えるからかもしれない。その変遷がビビッドに見えてくるからかもしれない。

最近人に紹介された本『日本人のアフリカ「発見」』という本を興味深く読んだ。

幕末から明治時代以降、昭和にかけて。

からゆきさん、探検家、商人、外交官、etc...

多くの人がそれぞれの思いを胸にアフリカの地を踏んだのだなぁとしみじみ思う。筆者は膨大な史料にあたってこれを執筆したようで、固有名詞が多くて読むのが少し大変だったけれど、それだけに自分が生まれる少し前にアフリカに関わっていた日本人や日本の社会のことがよくわかる。

4634646102日本人のアフリカ「発見」
青木 澄夫
山川出版社 2000-08

by G-Tools


それからもう一冊、類似テーマの本。
こちらは、日本人のアフリカ観からはじまり、エチオピア、エジプトを中心に東アフリカ、南アフリカ、西アフリカの各地域・国にフォーカスしており、とても詳しい。

ダントツに興味を引くのは、19世紀終わりからの日本の商人の話。
そして、やはり第一次世界大戦後、1930年代から太平洋戦争前にかけての羊毛の輸入のことだ。

ともかく、20世紀初頭の日本人といったら商売根性半端ない。
日本の雑貨や、綿織物、綿製品の輸出。

同書によると、1936年の東アフリカの綿織物製品の日本のシェアは80%なのだそうだ。

(このテーマ、掘り下げるとおそらく一生モノの研究テーマだ)


日本・アフリカ交流史―明治期から第二次世界大戦期まで日本・アフリカ交流史―明治期から第二次世界大戦期まで
岡倉 登志 北川 勝彦

by G-Tools



そして最も関心を引く南アフリカの羊毛のこと。

同書には、1930年9月に日本人羊毛買入商の南アフリカ入国許可が降りてからの活発な商取引と「名誉白人」の背景が書かれている。大阪商船がアフリカへの定期航路を開いたころだ。
(名誉白人については、また機会があれば書きたい)

わたしの曾祖父が、1930年代はじめの羊毛の輸入に携わって南アフリカの大地を踏んだひとりだったらしいということを知ったのは、わたしがアフリカ研究を始めて大学生で初めてアフリカ(ボツワナ、南ア)を訪れた何年もあとのことだった。

だから余計に、この時代の南アフリカのことがとても気になる。


そして商魂逞しい日本人たちのこと。

(曾祖父の長女であるわたしの祖母の記憶によると、1932年ごろの朝日新聞に、曾祖父のアフリカ羊毛買い付けと大阪商船のことなどが載っているということで、図書館でその時代の新聞記事を探しまくったことがあった。結局、曾祖父の名前は見つけられなかったけれど、当時のアフリカビジネスへの社会の意気込みや、「土人」という言葉から垣間見るアフリカ観、だんだんと戦争へ向かっていく様子などが窺い知れた)


この本の共著者の岡倉氏は、日本人のアフリカ観について、また日本人がアフリカとほとんど関わりを持たなかったという一部のひとたちの議論について、厳しい言葉を述べている。


その点は、わたしも少しは共感するところ。

この時代の日本製品の売り込みの積極性といったらすごい。

博覧会にも出ている。日本の商店も色んな国に出来ている。


1960年代には援助の時代が始まり、日本も戦後賠償から始まってドナー国に成長し、アフリカは「援助の対象」となった。
その後、長い援助の歴史を経て、ほんのここ数年で「アフリカビジネス」なんてことが、流行みたいにして登場した。
おまけに、ソーシャルビジネスとかなんだとか。


でも、アフリカとビジネスと日本人なんて、ほんとうにずっと前からもうそこにあったものなのだ。
アフリカはマーケットであり、ビジネスパートナーであった。


もちろん、少なくないケースが、悪名高い「エコノミック・アニマル」的だったかもしれないけれど、そしてアパルトヘイトで経済制裁下にあった南アとも経済関係を続けた日本の評判の悪さもあるけれど。


でも、わたしは持続するビジネスっていうのはいわゆる「三方よし」だと思うし、このような史料に登場してこない人々も、きっとたくさん「ビジネス」を古くから続けて来たはずなのだと思っている。

いつからか、アフリカといえば「援助」や「施し」みたいなステレオタイプが蔓延してしまっただけの話なのだと思っている。


1898年にはケープタウンに古谷駒平というひとの「ミカド商会」という商店があったとか。

こちらがわかりやすい。

IMG_4116



1928年に出版された大阪朝日新聞記者の白川威海による『実地踏査東アフリカの旅』の中で白川氏が述べている文章が非常に深く心に残った。

「吾々は東阿でも南阿でも一方で欧州人たちに向かっては、他のアジア人即ち印度人や支那人と異なって一等国民として待遇せよと聲高らかに主張したいのだが、他方ではまた我が日本の産業発展のためには、即ち日本の商品を賣り込むためには、どうしても各地に散在して事実上商権を握りつつある印度人と提携して行かねばならない。印度人へは提携を求めつつ、印度人と区別せよと欧州人へは要求するのだ。印度人の感情を害なはないやうにして、都合のいい時だけ欧州人の仲間入りをしやうといふのだ。これほどむづかしい立場がまたとあらうか。」


(植民地支配下で「文明化」されていったアフリカ人と日本との関係の構造について)
「実際私は彼ら土人の滑稽なる文化人化を見て笑ふ気になれない。吾々の文明国にも、かうした強制やトリックが、形こそ変れ、ザラにあるからだ……資本家がいろいろの利益分配制度なるものを案出して、労働者をできるだけ多く働かせるのは、アフリカ土人の場合とどこがちがふか。尤ももう一邊翻って考えて見れば、アフリカ土人のかうした堕落の不幸があればこそ、吾々の綿布や雑貨が賣れるのだから、どこまでも皮肉ではないか」



このひとの持つ鋭いアフリカ観とこの考え方は、ほんとうにすごいと思った。
(この1928年の本、国会図書館にはあるみたい)


ものすごく貴重な史料だと思う。


「アフリカビジネス」をちょっとした流行みたいにしてしまっているおかしな時代の私たちに、新鮮な視点を教えてくれるかもしれない。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"


あふりかくじら完全体。

なんか、完全体っていうとセルみたいだけどね。

今日はおやすみ。(いや、万年休みなのだけれど最近通いまくっているベリーダンスがなんとなくレギュラーな仕事みたくなっていてね)

いや、ふと思い立ったのだが・・・。
いままでわたしはこの問題から逃げまくっていたのだが、やっぱり恐る恐る頭のなかから問題を取り出して文字にしてみるのだが・・・。

flower001

やっぱりアフリカやるならフランス語やらなきゃだめかしら。

南部アフリカだしー、英語だしー、英語なんて喋れるしー、なんて思っていたところで、今まで多くの場面でぶつかってきたのはそびえたつ「仏語の壁」だった。ベリーダンスで知り合って、たまたま国際協力分野のキャリア(とくにアフリカではないが)に強い関心を持つひとは、フランス留学経験もあり仏語はビジネスレベルで問題ないとのこと。

今日も、ひとつある仕事の募集を見て、やはり仏語はできなくては苦しいことを知る。というか、いままで目をつぶっていたことを改めて片目あけてじっと見て認識してみた。

国連や他の国際機関でも共通語になっているケースが多いし、アフリカやっているんじゃなおさらだ。嗚呼。
しかも、英語ができるといってもやはり限界はあるし、そうそうレベルの高いことはできない。よく、わたしの英語はパーフェクトって思われることがあるけれど(んー・・・流暢に聴こえるからねぇ・・・)そんなの思いっきりはったりなのだ。嗚呼。
しかも、南部アフリカとはいってもわたしはポルトガル語だってできないので、必然的にモザンビークやアンゴラ関係の仕事はできない。これってけっこうバカにできない。


耳はいいから、BonjourとかAu revoirとか発音はネイティブ並みに上手いと自負しているが、それしかできないし。仏語よりショナ語の知識のほうがずっと多い(習ってたから当たり前だけど)というんじゃダメよね???

フランス語やらないと、完全体にならない???


も、もすこしだけ、この問題から現実逃避してみよう。えいっ。( ´∀`)つ

camera-biyori












これ、今日フレッシュネスバーガーで見かけたちょっと前の雑誌。心地よい。

ひさしぶりに市ヶ谷。

de769f4a.jpgひさしぶりに黄色い電車でやってきました。
コクソウケンの図書館。

たいしたことではないのだが、ちょっとばかり報告書の閲覧など。時間があるから、丁寧に仕事ができるって良いね。

ひとつのチャンス。

26144fd2.jpg某教授がジンバブエを一週間ほど訪問され、そのことでいろいろとアポイントメントを取ったり、フィールドについていったりと、わたしも一緒に盛りだくさんの時間を送り、得るものがけっこうあったと思う。

それで、たまたま偶然だけれども、その某教授の教える大学院で通信講座の修士課程コースをとっているひとがいることを知った。
わたしの知っているひとだった。

ささやかながら、急遽電話をかけた。
某教授がいらしてます、よかったら、会わない?

遠いところ二つ返事で張り切って出てきた彼は、やっぱりわたしの想像通りちょっとだけ行き詰っていた。やっぱり遠い国にいて、なかなか通信講座の修士というのは厳しい。余計なお世話になるんじゃないかと心配したけど、先生と一緒に食事をしながら研究テーマのこと、論文の進め方のこと、先生の良くご存知の(大御所なので)いろんな国のことについて話を聞いたあと、彼はけっこう晴れ晴れとした顔をしていたような気がする。
相談できるひとって、やっぱりそばにいて欲しいものね。

わたしもいろんなひとに助けてもらった。

彼は、家が遠くて帰れないので彼の仲間の家に泊めてもらうことになったけど、それでも、先生にこんな遠い土地で会えるとは、とても貴重な機会だと思う。
わたしだって、いろんなことを学んだ。

よかったね。不思議なめぐり合わせ。
でも、チャンスはすぐにつかまなくてはならないもの。
ほんの、その一瞬だけ見えるもの。

先生は、明日の飛行機でハラレを発つ。

活字中毒の成れの果て。

いや、なんのことはない。
鬼のように書き物をしたなんて久しぶりだ。とても気持ちがいい。そしてちょっと危ないこの感覚がたまらない。魂が削られていくような、そのぶんあっちの世界から跳ね返ってきて、何かが一緒に降臨していくような、この危険な循環。ああ、血がまわるの、ふふふ。
そう、報告書は優に二万字を超えてしまった。な、長い。よ、読めない。(?)

報告書はあくまでも報告書であって、論文じゃないところがミソ。

ジンバブエ クリーンアップ作戦後の人道支援をめぐる支援の政治化、それから市民社会の動きについてというものであったわけで、まぁ、ようするに5月からこれまでと時系列的に並べまくり、それから市民社会についてもっともらしく論じた。人類学者にいわせりゃ、「市民社会なんて〜」など言われそうだけれどもね、まぁ、わたしは社会科学者であり活動家なのね。最近は、外交屋とつるんでるし(?)。

それにしても情報あふれてて、苦しかった。まさに鬼のようだった。
でも、論文っぽく書くって気持ちが良いの。あの、注釈つけてみたり、出典にものすごくこだわってみたり。掴みはオッケー、オチもオッケー、みたいな。そしてクライマーックス!みたいな。

ともかく、一歩進んだような気がする。あ、ビール呑んじゃうわけ。今夜は。金曜日だし。

そして、本が読みたいの。とってもエキサイティングで、そして軽く読めちゃうんだけれども、世の中を皮肉っちゃったどうしようもない本の世界で、わくわくどきどきしちゃいたい。
なので、元外交官の暴露本を入手。ベッドの中でビール呑みながら閲覧。

活字中毒。そうさ。

これさ。



ミリーミール。

8ef7e31c.jpg土曜日、新年会。ジンバブエに長期滞在する日本人を集めて大使公邸ガーデンにて。美味いそばを喰らう。久々にピンクのスカーフを捲くも、誰もほめてくれない。いじけてキャッスル・ビールをがぶ呑み。人間模様を観察し、実況中継する。

帰宅後、昼寝。

夜、先週と同じく某日本人宅へお邪魔。またやってしまった。ジュディ・オング。嗚呼。
しかし、今回は深夜帰宅。シマウマ信号(注1)を左折。

若い協力隊員の男子と将来のキャリアについてトーク。
わたしは25歳のころ何をやっていたか。うむ。この日記の初期を見ればわかるか。(これをはじめたのは24歳のとき)
彼は手に職(技術)を持っているが、わたしは社会科学のマスターぐらいだった。
こういうトークが他人とできる日は、意外とちょっとした元気をもらえる。

日曜日の今日は、報告書の作成(後半)に突入。
その前に、マウントプレザントのスパーにて買い物。キャッスル・ミルクスタウトと、クラシックな瓶のコカコーラと、ミリーミール10kgを購入。

もちろん、ミリーミールは主食のサザになるもろこしを挽いたもの。購入したのは、中でもちょっと高級な白いもの。10kgで230,000ジンバブエドル也。
これは、大体230円くらい。お買い得。
10kgあれば、くじらはひとりなのでずいぶん持つと思われる。

夕食、ポークソテーご飯。ガーリックを効かせてナンプラーとはちみつひとさじ。つけあわせ、イモ。


(注1)くじら宅の目の前にある競馬場でシマウマを飼っている。汚いシマウマ。縞がわからなくなるくらい。そこの角の信号をくじらはこう呼んでいる。

文字が意味すること。

報告書を熱心に書いていて(まだリーディング段階だけど)思う。

自分は、これをもっていったい何をしたいのだろう。

1)日本政府のアフリカ外交政策に影響を及ぼしたい。
2)日本の一般の人々に対して、ジンバブエの状況を伝えたい。
3)それによって、現在のジンバブエの政治経済状況の悪化を少しでも食い止める方向に導きたい。

大きな大きなことを申し上げちゃえばそうなる。

さて、具体的には何なんだろう。
その、ジンバブエを具体的に改善に導く方策とは?
自分の仕事に課せられたことはほんのちいさなことだけれども、結局わたしのようなドナー国の人間や国連の人々が幾度も繰り返し述べるのは、抽象的なことか絵に描いたもち、あるいはエゴか思い込みか偽善的な正義感ばかりなのかな、ということに思い至るとちょっと疲れてくる。

わたしは何か。
いちおう研究者に分類されると思っているし、個人的には物書きだ。だったら研究者的にものを書いて世間に出すのがまず第一かな。
それから、自分の人生の中で可能な限りのちいさな具体策について思いをめぐらせよう。

彼からメールが来ていないので、ちょっと不機嫌。
自分の生活もきちんとコントロールできない人間に、国連の悪口を言う資格はないわな、と自分を戒めてみる。ぴしっ。

身の程をわきまえて、しかし、貪欲に大胆に生きたい。
わたしは、指先一本で生きている。ときどきいろんな誰かに支えられながら生きている。
組織は、結局守ってくれないから。そういう数年間を、このところ生きてきた。

将来が、ちょっと不安。

研究者ってなんだろう。

某日本人外交官が言った。
どうして君はゴルフをしないのか、と。

とても気候のいいジンバブエでは、
お金を持っている外国人の多くは
毎週末のようにゴルフをする。
よっぽどはまっているひとは、
平日の早朝や昼休みでも、ゴルフクラブを握る。


アフリカでは、することがないから。
娯楽がないから。

ぜったいにゴルフをしようとしないわたしに、
彼は言った。


ジンバブエでゴルフをしないなんて、
目の前に大金が落ちているのを拾わないようなものだ。



わたしは言った。

いわば、通貨が違うんですよ。

アフリカにフォーカス。

c1945a2c.jpg本日は、ジンバブエに来てからもっとも印象的であり、かつ重要な土曜日だったように思う。

そして、わたしがやっと「アフリカに来た」という十分な実感を得た日だ。本当の意味で。

いままで、わたしはどこか違う世界にいた。
頭の中がどこかすっきりしないのに、それになんとなく気づかぬ振りをしてここふた月を過ごしていたに違いない。しっくりこない。でもそれをどのように打開すればよいのかわからず、ぼんやりしていた。
せっかく、アフリカに戻ったというのに。

今日、エディンバラ大学の若手の先生宅(先週末ジンバブエ入り。政治のエキスパート)のブライ(南ア流バーベキュー)に招かれていった。そこは、いわゆる中流階級のフラットでとても居心地がよく、庭で豪快に焼かれる肉は気持ちよいくらいの焼け方だった。ビールと肉と、会話と笑い。

そして、招かれた教授(米国人・ジンバブエで20年以上を過ごす)、エディンバラ大学で修士をとったジンバブエ人青年(知人)、その友人、別のエディンバラの講師、そのジンバブエ人の奥さん。
知的でウィットに富んで、かつ面白く、そしてジンバブエという土地のことを本当の意味でよーく知っている彼ら。単にアカデミックというだけではなく、この土地に馴染んでいるひとびと。
その会話は、じつに面白かった。

そして、エディンバラ話ができるのもわたしにとっては非常に良かった。
あのころのことを思い出し、またそのセンスを取り戻す感覚を覚えたからだ。

英国のことを思い出すとアフリカへの感覚が戻ってくるし研ぎ澄まされる、というのは、何らかのバイアスがかかってそうな気がしなくもなく、ちょっと何かなと思うのだが、しかし、それがわたしの思考回路の仕組みであるのなら致し方ないし、むしろ歓迎し、積極的にたどるべきなのだろうと思う。

だから今日、やっとアフリカにフォーカスがあったように思う。
ジンバブエにかかわりはじめたような気がする。
二ヶ月経ってはじめて。
職場以外の、まったくちがう世界の、ごくあたりまえのこの国の人たちに触れる。
そんな単純なこと。
とても大切なこと。


センスを取り戻すパワー。

133e2920.jpgジンバブエの空気は、とても熱くなってきている。
雨季の直前のこの時期がもっとも暑い。

ほんとうは窓を開けて車を走らせると治安上よろしくないので、あんまり好きではないがクーラーを入れる。今日は特別、エディンバラからのゲストを助手席に乗せたからでもある。

わたしがエディンバラ大学で修士をとったのが2001年。彼女はその二年後にエディンバラにやってきて、政治学を中心に教えている。
ジンバブエの政治、とくにNGOと政府・国家の関係、選挙などについて、過去10年以上にわたり研究してきた彼女は、現在のわたしにとって非常に重要な人物なのである。

再びジンバブエに調査にやってきた彼女と、今日、ランチをともにした。

欧米の研究は彼らからの視点で語られることが多く批判されることもあるが、やはりわたしにはこの英国式の教育を受け英国で教えている彼女のとうとうとあふれる知識・経験・ものの見方に触れることにより、自分の感覚が呼び覚まされることを期待している。
そしてそれは、外れてはいなかったように思う。

センスを取り戻すパワーを得るやりかたは、自分が無意識的に知っている。
いままでの仕事と違って、こんどはもっと自分自身を信じていい。

だから今日、わたしは彼女に会うのを楽しみにしていた。
そして、実際、これは大きな良い刺激となった。

来週からわたしはいろんなひとにアポイントメントをとる。
いつだったか、なにもわからないままにアフリカへの道を探り始めた大学生のころのように、こんどは手に入りそうなカードをどんどんならべ、ひとつずつ裏返していく。そして、あるとき雲がすっと晴れるように、青空が見えてくる。自分の調査テーマが明確になってくる。

あせることは何もない。
しかし、自分は何も持っていないわけではない。

アフリカ研究を始めて、何年にもなるのだもの。


Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ