噂の本を読了した。

アフリカンプリント:京都で生まれた布物語




アフリカンプリントは1950〜1960年代ごろ
日本製が大きなシェアを占めていたという話は
このブログにもずいぶん前に書いたことがある。


2013年5月28日付の記事


この企画展でも大変貴重な当時の布が展示され
解説も非常に面白かったのだが、
この本は、かなり詳しく
しかも貴重な情報や残存する資料の写真もカラーで添えられていて
とてもよくまとまっている。

この本一冊で、日本のアフリカンプリントの歴史の勉強になります。

(もちろん、他にもたくさんアフリカンプリント本一般はあるけど)



過去記事にも書いたけど、
わたしの曾祖父はこのときの大阪商船のアフリカ定期航路で
繊維業界関係でアフリカに渡っている(と思われる)ので
生きていたら、この本に書かれている戦前の話も
直接の当事者として聴けただろうなと思いながら読んだ。

1930年代に曾祖父が朝日新聞に載ったと祖母(曾祖父の娘、92歳)が言うので
このころの大阪商船やアフリカ航路にまつわる新聞記事を
数年分徹底的に調べたことがある。

曾祖父の名前はなかったけれど、
関連事業らしきアフリカへの販路拡大の記事は何本か見つかり、
スクラップしてある。
当時、海外への販路開拓に熱心だった日本は、
各地の国際見本市に出展したりと精力的で、
とても印象的だった。

(「土人は親日的である」と書かれていた。色んな意味ですごい・・・)

やがて戦争に向かっていく雰囲気も
新聞から見て取れた。



わたしのお店Rupurara Moonでも、
アフリカンプリントは、カンガ、チテンゲを扱っている。
(6/12までお休み中です)

買い付けは、だいたいザンビア、ケニア、タンザニアで行ったもの。

14721608_1303881099643051_4815582307774812676_n
(↑ザンビアにて)

生地の種類、質。
プリントの種類。模様の特徴。
そして、どのようなルートで販売されているのか。

そういったものから、色んな社会経済的背景が見えて来る。
布ひとつとっても、とても興味深い。

67406e8f8905b112dd37d8383f0904b4

この本に、
「アフリカンプリントが買えるお店」として載せていただけなかったのは
とても寂しいけど!

次は載せてね。



プリントだけではなく、
アフリカンアートやクラフトという観点でも
色んなアフリカの国々を見ていると
その国の歴史的背景や社会文化的な要素が見えて来る。

アフリカンクラフト屋さんをやっていると、
とても興味深い。

書きまとめられるといいな。











==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜>
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 










にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ