コンサルタントの仕事がハイパーピークだった時期から、
そのまま足が遠のいてしまっていたアルゼンチンタンゴ。

いきなりミロンガに戻るまえに、レッスンで温めたいなと思い、
昨夜はホームグラウンドのスタジオのレッスンに行った。

初めて受けたタンゴのレッスンはT先生。
夕べもまた、同じクラスに。

ほんとうに温かいクラスの雰囲気。
心がほぐれていく。




とても静かな木曜日の夜。
少し暖かく湿った空気が、まだ初夏になりきらない。

このスタジオに初めて来たのは2015年のお正月だったから、
もう4年以上になるのか。

スタジオの床に、空気に、思い出もそれなりにある。



実は、毎日のように「タンゴオリエンタル」と検索して
このブログにやってくるひとがいる。

もし、振付ワークショップを探しているのだったら申し訳ないなと思う。

4年前、アルゼンチンタンゴを始めた理由。
これを、「タンゴオリエンタル」を踊れるようになるためと、
わたしはよくひとに語ってきた。

でも、
本当のことを言うと、ここには嘘があるんだと思う。



ベリーダンスを長年続けてきて、
それでもなかなか前へ進むことが出来ない閉そく感があり、
もがいて苦しんでいた時期だった。

だからこそ、アルゼンチンタンゴという新しいカードを手に入れ、
自分をもっとよく見せたいという気持ちが
少なからずあったのだと思う。

アルゼンチンタンゴの動きってこうなのよ、
タンゴオリエンタルのこれって、こうすべきよ。

そういうことが言いたかったのかもしれない。



いつしかわたしは、ベリーダンスでも自分で色んな道を切り開くようになり
協力してくれるひともでき、新しい世界にシフトしていった。

そして、
アルゼンチンタンゴは、わたしのなかで「タンゴオリエンタル」と
切り離されていった。




タンゴの世界は、ベリーダンスと違うディープさもあるし
似ているところもある。

人生がより、ドラマチックに人間臭くなる。

アルゼンチンタンゴは、サロンの要素があるから余計そうなのだと思う。

音楽、夜、自分を良く見せるでも何でもない生身の体温、手のひらと肩。

ほんの短い間だけの、日常生活から切り離された対話。


こんなことを思った夜。

アルゼンチンタンゴに触れるほど、
夜も深くなる。

人生も、少しだけドラマチックに豊かになる。


pexels-photo-980859

4年間履き倒した愛してやまないアンジェリーナシューズ。

FullSizeRender


==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜>
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ