先週木曜日のマンディールでのショーから、
色んなひとに出会ったり、
再会したりしていて、
不思議な彩りに満たされた感じ。

とても幸せなことだよなぁって思う。

photo-1525797559391-d6c6fd668582


週末に時間が取れるときは、
できるだけ両親に会いに行くようにしている。

先月、両親は東北に住む90歳を超える母方の祖母に会いに行ったので、
その話を聴いた。

祖母については、このブログでも書いたことがあったけれど、
とにかく本来ものすごく強烈でアクティブなひとではあるが、
もうずいぶん長いこと、引きこもりのようになっていた。

とにかく、自宅から出ない。
ヘルパーさんや、わたしの叔父のケアで生活していて
ずっと寝室に引きこもりっぱなし。
ほんとうに出ないのだ。



それが、
先月、しばらくぶりにわたしの父が行ったとき、
祖父の墓参りに行こうとさそったらそのまま同意したという。
これは、10年来のミラクルなんです。

両親と一緒に車で少し郊外にある祖父が眠るお墓を祖母が訪れたのは、
なんと10年ぶり。

しかも、その帰り道に両親と外食して帰ったとか。

かたくなに、家から出なかったひとが。



叔父も心底驚いていたらしいこの変化。

最近、デイケアセンターに週二度ほど通うようになった
ということもあるかもしれない。

でもわたしは、これにはうちの父親の影響が大きいように思う。

不器用なひとなのだけれど、
何故か祖母にはとてもかわいがられていたから。
なんというか、特別なのだ。

だから、
母(=自分の娘)が言ったら「うん」と言わないものを、
父(=娘のダンナ)が言うと、即OKだったのでは(笑)



きっかけなんて、どこに転んでいるかわからない。

でも、
ひとはいつだって、ほんのちいさなきっかけで変われるんだと思う。

ひととの出会い、
何かの出来事。

それが、人生の方向性を思わぬ方へ変えてしまうことだってある。

そういうことなんだよね。


IMG_3198

そういえば、
わたしの好きな小説(ドラマ)の
「パンとスープ ネコ日和」の中に、こんなセリフがある。



人にはね、
誰かと出会ったり
何か新しい出来事がきっかけになって
予想もつかない方向に
自分が進んでいっちゃうことがあるの。


心をオープンにさえしていけば、
いつもいつだって、
ひとは変われるんだと思う。

そして、
時間は、人も場所も変えていく。

だからね、
外に出よう。人と会おう。



良い一週間をね。


photo-1495706770295-2eb900df3645






==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜>
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ