旅に持っていく本というのは、いつも厳選に厳選を重ねる。
何日もの間考え続けたり。

重量のことはもちろん、
ほんとうにそれを読みたいか、
いい気分になるか、まであらゆることを考える。

もっとも、ここ数年はKindleという大変ありがたいものが出て、
何千冊入れていってもちっとも重さは変わらず、
しかも滞在先の海外で急に特定の本が読みたくなっても
すぐに購入することができるという、
昔から考えると夢のようなツールはあるのだが。

それとは別に
紙の本は大切だ。

自分のフィーリングや旅の目的・内容・行き先などを
注意深く探り、吟味し、
どうしても読みたいと思える文庫本を2冊ほどかばんにいれる。



実は、今回のバリ旅に持って行った文庫本の本命は、
一冊目が糸井重里さんの『ふたつめのボールのようなことば。』だった。



これは、「ボールのようなことば」の続編というかシリーズなのだけれど、
エッセイともなんともつかないような
とても短い文章が、余白を大切に書かれていて、
それがとても深く心に響く。

さすがの鋭い視点に、
ジャカルタ行きの機内で、ひとり激しくヘッドバングしながら(笑)読むくらい。



しかし。

バリについてから、急に何となく読む気がしなくなった。

しばし考えて
その理由がわかった。

「ボールのようなことば」や糸井重里さんのことばは、
日常生活や生き方、人生の中で
「うんうん!」とうなずくような真をつくことばなのだ。

つまり、往々にして「日常」を思い出してしまう。

一方で、バリでの数日間は
わたしにとって人生から切り離された深い時間だった。

もちろん、SNSなどの日常も切り離していたから、
いままで、「こころにやさしくまた勇気づけてくれる」と思っていた
糸井重里さんの本は、わたしをともすると日常へと
連れ戻しちゃうことばでもあったわけだ。



そこで、もう一冊念の為かばんのポケットに入れていたのが
もちろんフィクション。

小川糸さんの小説「ツバキ文具店」





実は、この本は以前にも読んだことがあったのだけれど、
文庫化されたということで書店に平積みされていて
思わず入手してしまった。

FullSizeRender

鎌倉が舞台になっていて
完全に「日本の」お話ではあるのだけれど、
これがフィクションということが
こんなに心に安心する作用があるとは思わなかった。

旅先の、バリのジャングルの中の「天国」で
夜ひとり大きなベッドにもぐりこんで、
ヤモリやカエルや夜中の鳥の声をBGMに、
(ときどき屋根の上にいるらしいヤモリとお話しした)
静かに読んだ。



主人公 鳩子の心模様の描き方の素晴らしさも
登場人物の魅力もさることながら、
やはり見どころはこのひとの作品の丁寧さと緻密さだ。

鎌倉の代書屋の鳩子は、人から依頼を受けて手紙を書くのだけれど
その文字ひとつひとつ、紙やインクのひとつに至るまで
大切に選ばれている。
それが、心の中と本当の誠実さを丁寧に探る旅のようで、
自分が今、バリというところで自分自身の心と身体を
深く見つめている気持ちととてもシンクロした。

不思議。

実は、出発前にもブログに書いたのだけれど、
わたしはどうしても万年筆が使ってみたくなり、
シンプルな万年筆と、インクを入れるためのコンバータ、
そして、「月夜」という名のブルーグリーンのうつくしいインクを入手し、
出発前の深夜、万年筆にセットしてバリ旅へ持って行った。

ノートは、MDペーパーノート。

IMG_2476

この小説「ツバキ文具店」は、鳩子の目を通して
筆記具と紙のこと、そこに込められる気持ちのことが
たくさん書かれている。

わたしも、何となく初めて
万年筆をしっかり使って文字を書いてみて、
その筆圧やそこに込められる感情というものを知った。

文字って、形だけでなく紙やインク、筆記具もすべてなんだ。

比較的大切なことばだけを、万年筆で書いてみるようにした。

そうしたら、バリ旅でノートが一冊埋まり、
万年筆に仕込んだ最初のインクは、二週間で使い切ってしまった。

FullSizeRender

FullSizeRender



「ツバキ文具店」の続編である「キラキラ共和国」は
まだ読んでいないのだけれど、
これからの楽しみにしておきたい。


そして、誰かに手紙を書きたくなった。


キラキラ共和国
小川 糸
幻冬舎
2017-10-25



旅のお供には、
フィクションがいいのかもしれないな。


==
■ Amelia Oriental Dance (Facebookpage)
■ 『心と身体を温めるリラックス・ベリーダンス』
■ 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』
■ The Rhythm of Sunrise 〜ベリーダンサーAmeliaラジオ〜>
■ Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
 Rupurara Moon African Beads & Crafts
 



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ