最近、Facebook上に書いたことの続き。

国際協力コンサルをしてると、ずっと貧困層のinclusionのことばかり口にしているけれど、このダイナミックに進化していく世界のなかで、financeとtechについてがんがんとアンテナ高めていかなくては、excludeされるのは自分だ。


ってほんとつくづく思っている。

pexels-photo-359757




最近、個人でファンドレイジングができるようなものや、個人間の少額取引がアプリでできるようなサービスが増えている。

VALUはしばらく前からあるけれど、最近だとpolcaのようなサービスが出てきて興味深い。
あと、以前書いたような送金サービスのKyash

日本には、ケニアのM-pesaのようなサービスはないので、どうしてもクレジットカードベースにはなってしまうのだろうけれど。
その意味ではずいぶんアフリカに後れを取っているといえなくもないが。


先日書いた関連記事も読んでね。

アフリカビジネスの起爆剤モバイル送金と依存型ビジネスモデル。




それで、最近思っていたこと。

.▲廛蠹の技術的進歩により、昔からあるようなお金のやり取りがリニューアルされて、新しいプラットフォームに乗って提供されている。→ リブランディング。

このpolcaについてアフリカビジネスパートナーズの梅本さんのツイートがポイントついてる。


で、それに関してわたしもいくつかポイントを挙げてみました。


そういう意味で、お友だちをお互い応援するみたいな力関係は、アフリカの多くの国ではあんまり成り立ちにくいのかもしれない。

だからpolcaというのはわりと日本的な発想である気がする。


低所得者層を「フォーマル」な金融サービスに「インクルード」するのは何故か。





フォーマル金融に乗っていないひとが世界に20億人いるとして、そのひとたちにフォーマル金融(つまり銀行口座持つとか)に参加してもらうという発想はわかる。

インフォーマルだと税金取れないし資金もフローしていかないし、第一、安全性とか信頼性とかにも問題があったりするし。

でも、ほんとうにフォーマルに巻き込むだけが答えかしら、って点にはわたしは疑問を持っている。




サバイブするために、自らたくさんの方策を練って工夫してセーフティネットを張るということが、多くのひとには重要であり、またそれに迫られてきた。

だから、貧困層(低所得者層)のポートフォリオはとても複雑。

↓これは少し古い研究だけど、貧困層の家計に密着した調査。

最底辺のポートフォリオ
ジョナサン・モーダック
みすず書房
2011-12-23






IMG_8165

(↑ウガンダのマーケット)



わたしが見てきた中でも、伝統的な頼母子講みたいなものだけでなくても、個人でコミュニティの中で簡単な経理ができるひとが、簡易貯蓄と貸付サービスみたいなものを提供しているケースもある。

これもまた、地域のニーズに合わせて生まれたものであるし、もちろん良い面悪い面の両方はあると思うけれど、一概によそからきた先進国の人間が「ハイ、そういう危なくて非効率なものはやめてモバイル預金にしておきましょう」なんてもちこんできた日には、果たして何が起きるだろうか。

コミュニティのバランスは?

信頼は?

誰かの仕事がなくなるかも?

そして、いくらアフリカは携帯先進国が多いとはいえ、本当の本当に低所得者層は家族に一台ガラケーを持っているかいないかレベルだ。


なかなか複雑なのだと思う。





個人的には、お金の扱い方とか流れには興味はあるので、新しいサービスは使っていきたいと思うけれどね。

最近、VALUもちょっと騒がれていたみたいだけれど、悪用する方法を思いついちゃうひとがよからぬことをしないといいなとは思っている。





関係ないけれど、懐かしのジンバブエドル。

100兆ジンバブエドル。

さすがにこれは持っていないな。

 zimbabwean-dollars


南アのランド。

デザインが秀逸。


south-african-money-notes-18348564


large_South_Africa_finance





■ ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




■noteマガジン 『ざんざんザンビア日和』

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』(不定期開催WS)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"