Uberに引き続きもうひとつ試してみたいなと思っていたのが、フードデリバリーのアプリ。

Jumia(ジュミア)はナイジェリアで始まった巨大eコマースで、オンラインでのショッピングモールはもちろん、車のディーラーや不動産業やジョブマッチングや各種サービス等、実に幅広い。

アフリカ各国で展開しており、ケニアはこちら。

Jumia





で、いつもは一週間を超える滞在ならばキッチン付きを必ず選ぶのですが、今回は諸事情でそれがかなわなかったため、腹をくくってホテルにいます。

でも。

ご飯を作ることもできないし、レストランには飽きるし、あまり夜に気軽にひとりで外出できるほど治安は残念ながら良くないので、必然的に食生活が乱れてしまいます。。お肌が!美容が!



でも、々發てそれほどおいしいとは思えないホテルのレストランのメニューを飽きるほど繰り返す、⊇侏茲△い里發里鯒磴辰討る、▲咫璽覦んでつまみで済ます、ということ以外に(カップラーメン等はほとんど持ってきていません)何とかならないかと思い。

ここにもいくつか総合フードデリバリーサービスはあるのですが、大手Jumiaの「Jumia Food」を試してみた。
(パソコンでもネットで注文できるんだけれど、あえてアプリの良さを知りたかった)

2017-05-13-19-09-37

こちら。

2017-05-13-19-15-10

登録して、

2017-05-13-19-16-03

位置情報をいれますと、

2017-05-13-19-16-25

レストランのリストが。

お米食べたかったので、タイ・中華料理屋さんにしてみた。

2017-05-13-22-28-13

↑時間内に間に合わなければ次回は無料、というサービスまで!
すごい。

2017-05-13-22-34-19

ためしに炒飯とちょこっと頼んでみると。

デリバリーフィーの200ケニアシリング(約220円)を入れて750シリングあまり。800円ちょっとか。

2017-05-13-22-34-51


配達先がホテルだったので、明確にさせるために、注文から10秒もしないうちにJumiaの担当者から電話がかかってきた。(ミラクル早い)

XXホテルにご宿泊のお客様でしょうか、とのこと。
イエース。

2017-05-13-23-02-08

で、今、どの状態にあるかがわかる。

オーダーがレストランに通ったところ。

残り時間57分?アフリカ基準だと早すぎない?大丈夫かな。

image

あ、もうできた。

発送。

2017-05-13-23-40-56

届いた!

一時間もかかっていない。

image


↑こんな容器に入ってた。

バイクのお兄さんが普通にバックパックの中にこの袋を入れているだけというのはちょっと新鮮でしたけれど、このすばやいサービスにほんとうに感動した。
(支払方法は、複数あるようだったけれどとりあえず現金着払い)

で、ホテルのポーターのお兄さんたちに自慢しまくった。

「何事も試してみるのは大切ですね」という結論になった。(笑)

こんなにお手軽だったら、レストランに行く必要もないし、ほんとうにバラエティが広がる。

まだあと二週間以上ケニア滞在があるので(そのあと同じくらい某国だけど)、いろいろ試そう。




他にもいろんなアプリを使ったサービスがあるので、できるだけ試してみたい。



ところで、日本にもUber EATSというのが入ってきているけれど、ナイロビにはまだないみたい。

(ヨハネスブルグやケープタウンにはあるようです)

2017-05-13-23-59-29

ナイロビでもやってください、というのをリクエストしようとしたら選択肢にすらなかったわ。

BlogPaint


ちなみに、東京のわたしの家も、Uber EATSの対象エリアから徒歩一分くらい外れているんですけど。

拡大宜しく。




↑これは普通にナクマットで買いました。