また昨晩も真夜中に思いついたことを、やってみたくて仕方なく、午前二時くらいにもくもくと作った。


 


アフリカンプリント布のミニファブリックパネル。

一緒に写っているのは、先日のブルキナファソで入手した本場シアバター(カリテ)の石けん。




包んである布が可愛くて、思わず自宅にあったペーパーボードで、ミニファブリックパネルを制作。
可愛いのでいくつも作りたい。

(ちなみに、右の写真はもちろんジンバブエのショナ彫刻。ニャミニャミさまという水の神さま)


北欧のプリント布のファブリックパネルというのは、おしゃれインテリアショップなどでけっこうなお値段で売られていますけれど、こうして手作りでも簡単にできるじゃないの!ということで、手持ちのアフリカンプリントでたくさんつくりたいなぁと思案中。




ブルキナファソで購入した布はこの三枚だけ。

布っていうのは、いちど切ると戻せませんでしょ?
ですので、ちょっと躊躇しております。

いちばんきれいなちょっとアジア風のパーニュは、絶対切らない。このまま広げて壁に貼りたい。


もちろん、こちらは、ジンバブエのハンドプリンティング。
この模様がいちばん人気。
生地のメーター販売もしてます)





ファブリックパネルって、お手軽でインテリアの雰囲気も変わってすてきだと思う。


インテリアファブリックは、ソファにちょっとした布をかけたり、カーテンにしたり、家具にアクセントとしておいたりすると、お部屋の印象がぐっと変わる。

そういうところが好き。

でも、アフリカで入手してきた布を切る勇気は、いまのわたしにはまだない。

(だから端切れを使ってる・・・)

モーリタニアの布とか。





あと、最近アップしたのは、こちらのアフリカの藍染。


【西アフリカ】藍染スカーフ




【西アフリカ】藍染布(大判)





【西アフリカ】藍染布(大判) 160cm×110cm

022_shop



これらは、プリント布とは違って手作りの温かみと高級感があるものだから、切るのはかなり心情的に厳しい?気がする。

モーリタニアの布もすてきすぎて勇気がなくて切れなかった。


プリント布だったら、Rupurara Moonでファブリックパネルを作って並べてみようかしら。
ともちょっとだけ思っている。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"