社会的企業あるいはソーシャルビジネスということばが大流行して久しいのだけれど、その意味ってどのように解釈されているのかな〜と思ってwikiさんを見てみると、こんな感じ。

社会的企業(しゃかいてききぎょう、Social Enterprise, Social Entrepreneurship)とは、社会問題の解決を目的として収益事業に取り組む事業体の事である。ソーシャル・ビジネスとも呼ぶ。こうした事業を創始した実業家などを社会起業家(もしくは企業家)と呼ぶ。


なるほど。

営利企業との違いとして、社会的企業は社会的課題解決などのミッションの追求をするということがあるからして、とりうるべき選択肢も違ってくる場合もあるのだろうな。

でも、結果として、全体として社会に貢献をするものであるのだとしたら、営利企業も社会的企業も、NPOだって目指すところは同じ。

いちばん懸念するのは社会的企業という「ブランディング」が独り歩きしてしまうというところ。
たくさんのアワード、アイコンが登場してくる中で、どんどんそのことがビジネスや社会に求められていることの本質から遠ざかっていかないかが心配。

高校生のころからわたしは高齢者福祉に強い関心を持って、ボランティアから何からたくさんチャレンジした。
弾丸みたいに突っ走っていた無知な子だったしたくさん無茶や失敗をしたけど、思いだけは強かった。

当時から、福祉業界の在り方には疑問を持っていた。
仕事として、報酬を得たとしてもとても低い水準で労働はきつかったり、福祉というだけで「ボランティア精神」を求める「慈善事業」的風潮があったり。

私はそのころから、福祉産業だって労働としてきちんと認められるべきで、労働基準法に則った対価を求められるべきだと強調していた。
だから、周囲から孤立した。ものすごく強い反発を受けた。

自分の言葉足らずもあったのだろうけれど、結局、その頃の「福祉」の世界と言えば自己犠牲が美徳みたいな考えで尽くしているとても心優しい女子(一部男子)たちの世界だったのだ。

でも、自己犠牲をされて、介護される側はうれしいのだろうか。
わたしはいつも疑問を持っていた。


この国ではまだまだ「慈善」の意識が根強く、アフリカに対しても同じ。

「営利」=「悪」のような考えを持っている人もいまだにたくさんいるはずだ。


そんな中で、社会の風潮か、今度は「ビジネス」×「開発」、社会的企業をある意味ブランド化する流れになっている。


でも、ほんとうは、一かゼロかで語れるものなんて何もない。
それぞれの要素が少しずつバランスを取り合って成り立っている。

そのバランスを忘れてしまえば、手段が目的化し、事業なんて成り立たなくなるか、本質を見失ってどこかあさっての方向に行ってしまうのではないだろうか。


Rupurara Moonも、きっとその辺の成功している「エスニック雑貨(この言葉きらいだけど)」屋さんみたいに販路を広げてビジネスを成長させていく道もあるのだろう。

でもかならず、そこで失われるものが出てくると思う。


アフリカのすてきなもの、良いものを自然と自分の生活の中に取り込めるような、人生の片隅を彩ってくれるような、そんなプロダクツとの出会い。
それを作っている人たちの心を感じること。その国のことに思いを馳せること。
彼らとの関係性。
ひととしてつながること。

その大切なコンセプトが失われたとたん、Rupurara Moonは意味をなさなくなってしまうと思う。
だから、大切にしたい。


Rupurara Moonのことだけじゃない。

仕事も、生き方も、「なぜそれをやるのか」「何のためにやるのか」を見失わないようにしたい。



だから。


テレビショッピングには出ません





↓ちょっとショップのデザイン変わりました☆

Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト

Bags/Necklaces from Burkina Faso

IMG_5228_shopIMG_5210_shopIMG_5241_shopIMG_5236_shopIMG_5053_shopIMG_4998_shopIMG_4966_shopIMG_4959_shopIMG_4954_shopCIMG3602edit


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"