さすが、物産(*゚∀゚)っ

っていうか、この天然ガスってすでに三井物産やanadarko社が開発してたものなので、さらにさらに埋蔵量がすごいですってことがわかったということなのかな。

日経新聞本紙に詳しい記事が載っておりました。(昨日かな)

『三井物産、アフリカ沖で大型ガス田確認  米石油大手と生産検討』

 三井物産がアフリカ南東部・モザンビーク沖合で米石油大手などと探鉱している鉱区で、天然ガスの大規模な埋蔵が確認されたことが16日、明らかになった。現時点の推定では日本の年間液化天然ガス(LNG)輸入量の6分の1弱を20年間生産できる規模という。2013年まで探査を進め事業化を検討、18年の生産開始を目指す。



この発見で、日本の年間輸入量の6分の1を20年間って・・・。すごいことですよ。
上記のリンク先は途中までしか読めないんだけど、新聞の方ではものすごい金額が載ってた。
何兆円? ワスレタ(・∀・)つ

日本がこうして原発パニックに陥って、国の経済がどうにかなってしまいそうに危険な状態の折、こんなのが見つかるってすごいんだけど。

このことで、モザンビークの経済、ものすごく変わったりするんじゃないかな
それが、果たしてどんな結果をもたらすかは、だれもわからないんだろうけど。

資源。

エネルギー。電力

巷の噂は、そればっかりですな。

でも、資源がとても豊かでも、国民の格差が広がらずに貧困層にも裨益するような経済構造になっている国って、ほんとうに少ないんだと思う。
っていうか、その例が思い浮かばないけど。

経済成長率7%を喜んだりするモザンビークだったりするけど、実は貧しいひとはますます貧しく、富めるひとはますます

富を手にしてしまうと、そのコントロールが難しいんだと思う。
経済とか「お金」とか権益。

純粋に人々に役立つ資源だったはずなのに、たくさんの「気」がくっついて重くなり、ときに戦争や殺人を引き起こすんだよね。

モザンビークの、とくに低所得者層や零細農家、零細漁民、失業者が、この地球からの巨大な贈り物の「呪い」に負けず、幸福になりますように・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ  人気ブログランキングへ

 ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト