ニジェールでクーデターが起きている。
大統領が拘束されているようだ。

ニジェールで軍部がクーデター 大統領連れ去る

あちこちで報道されているのと、アフリカ関係者のお話などを聴いていると、国民にはクーデター支持派が多いってことなのかしら。

ニジェールの政治で深いことはわからないけど、クーデターが起きる国と起きない国ってどう違うのだろう。

これまでジンバブエでは、血気盛んな一部の団体などがデモをしたり集会を開いたりするたびに、警察当局がやってきてたくさん逮捕したり、暴力騒動になったりしている。

でも、大統領が拘束されるなんて、そんなとんでもないことは起きそうもない。(いや、起きたらすごいけど・・・)
国民は、やっぱりムガベ支持というわけではないけれど、独立のヒーローには、きちんとした退陣のシナリオを作ってほしいと思っているのだろう。
あまり、ムガベに対するコメントは口にしない。当たり前か。

そんななか、また今年もムガベ大統領のお誕生日がやってきた。
今年で御年86歳だそうだ。

'Insensitive' Birthday Party for Mugabe Slammed

そして相変わらずこんな記事が出ています。ムガベ大統領の誕生日パーティは例年とてもお金をかけて執り行われるから、それに対する批判。毎年のように。


それにしても、公務員のストライキは、この記事によると二週間続いているという。ということは色んなものが機能していないのですね。

米ドルで支払われるようになった賃金が、生活するにとても足りない金額なのであれば、このお誕生日会にかける金額で少しでも還元できないものかしら、と普通は考えますけどね。


それでも、一時期の大統領選のときのような怖い状況は脱しているんだろうか。どうなんでしょうね。
また、近いうち行ってみないとな。

ルプララ・ムーンの仕入れ先交渉もしたいし。


↓いつもこちらをありがとうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 

Rupurara Moon 〜ルプララ・ムーン〜ジンバブエのクラフトショップ


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!