e3d91b47.jpgご機嫌いかが?
BOPビジネスというキーワードが勝手に流行することに危機感を抱いているひとがおおいなか。


本日は、Kopernik(コペルニク)さんのお話を聴く機会をいただきました。

Kopernikは、オンライン・マーケットプレースを通じて革新的技術を所有する会社、途上国のNGOそして一般個人の3アクターをつなげ、BoP向けの革新的な技術・製品を、発展途上国に波及させます。 Kopernikウェブ上で、革新的な技術・製品を掲載し、それを見た途上国の市民団体がどのようにその技術・製品を使いたいかを書いた提案書を作成し、ウェブ上に掲載します。提案書を見た一般ユーザーは、小規模の献金をし、提案書を実現させます。



途上国のニーズをNGO等を通じて先進国の技術とマッチング。そこへ、一般のユーザーがクレジットカードなどで資金援助をする、みたいなシステムだそうで。
で、最初はグラントベースだけれども、マイクロファイナンスの活用やらビジネスベースに持っていくこともお考え。

なるほど。

まだ立ち上げたばかりで日本の企業へのアピールもこれから見たいだけれど、今後どうなるのかな。

アフリカのNGOさんたちとつなげることは出来るね。
ちょっと関係者の皆さまにも要ご相談。成功事例をつくっていくべきだね。

コペルニクさん、まだウェブサイトが立ち上がっていないみたいだけれど、上記のリンクはブログだけ。



きょうは、おしまい。

↓読んだらこちらのクリックをお願いしますわ。アリガトウ。
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 

Rupurara Moon 〜ルプララ・ムーン〜ジンバブエのクラフトショップ


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!