e1ec5550.jpgTICADフォローアッププロセス、というのが進んでいるだけでも、だいぶ政府の態度は変わってきたんだなぁと思いつつ。

でも、外交なんだな、ってすごく思う。

こういう記事を見てるとね。

日本、アフリカ諸国に485億円支援へ 開発会議開幕


TICADのフォローアップ会議は予定通り開催されているらしいけど。
金融危機の影響を受けるアフリカ諸国に対し5億ドル拠出とか。よくわからないんだけれど、そういうお金っていったいどこから出るのだろう。

そもそも、日本のODAも削られていくなかで、アフリカに対する支援倍増、なんていう国際的潮流に乗っちゃって「出すよー」って言うわけだけれど、日本自身が金融危機でどういう影響を受けているか、それによってやっぱりお金出すのやめる、なんてことにならないんでしょうか。

いやはや。

ボツワナでの会議に参加することになってた市民社会のcolleaguesはどうなったかしら。んー、ボツワナ帰りたい。


援助が、ほんとうに人々のために役に立つためには、どうすればいいのかしらねぇ。



*写真は、ハボロネのモール。


↓読んだらひとつクリックをありがとうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ   

日比谷花壇 フラワーギフト 母の日

THE BODY SHOP



メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!