・・・っていう書き方をすると、少しはリアルになるだろうか。
2773人の人生。多くは子どもなんだろうか。

もっともこれは、WHO発表の数字だというけれど、ほんとうはもっとたくさんのひとが死んでいるような気がする。そこまでちゃんとした統計、取るのは難しいでしょうから。

ジンバブエのコレラによる死者。
感染者は57000人という数字もある。


日本語の記事があったので、そちらもご参照。

ジンバブエのコレラ感染、最悪のシナリオに近づく=WHO


これは、難民キャンプで起きていることではない。

都市部でおきていることだ。すっかり空っぽになった立派な病院。(わたしも、救急車で運ばれ、処置を受けたことがある)

日本赤十字社や、各国ドナーなどは緊急医療支援を出しているが、これははっきり言って手をつけられない状態なのではないだろうか。

食糧支援も、半分の国民が必要としている。家族がボツワナに行って日用品や食糧を買い込んだり。そうやってみんな「サバイバル」をしている。


人為的なことから、はじまる。

政治が壊れ、経済が壊れ、そして人が死ぬ。

それでも政治ゲームを繰り返すなんて。

わたしはただ、こうして日本語で書くだけですが。



↓いつもありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ   


THE BODY SHOP日比谷花壇 フラワーアクセサリー


メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン

あふりかくじらブックシェルフ←オススメ本、集めてみました。


→ asahi.com『モザイクアフリカ』にコラム連載中!