ちょっとこれ。
面白いです。「勝手にブログ評論」というのをやってみました。
URLを入れると、評論家風な文章が出てきます。やるたびに毎回違っていて、かなり笑わせてくれます。


このブログ『あふりかくじらの自由時間』はこんな感じ。

□■□■□■□■□

10ミリオン札とは、国内避難民である。これが真理だ。

総合得点 38点
メトロポリタン美術館のキュレーターになるために必要な資質は、アフリカ支援的であること、そして野党支持者的であることだ。それは恒例新年会なのだと言える。紳士淑女は刮目してジンバブエ政治を見よ。

どうして保湿力抜群が必要不可欠だと感じるのだろうか。

したがって、マイクロファイバーひにはドイツ哲学に通底する鉄壁さを感じることができる。教育問題について、ここで「アフリカ会議」を例として作者は鋭く切り込むテロリストが欲しているのはまさしく500名近なのだ。TICAD市民社会フォーラムなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。1900年代の福田康夫首相は、まだ未熟だった。そういうわけでTICAD市民社会フォーラムは大切なのだ。

初春の訪れを告げるのは、決まってジンバブエだ。世界経済フォーラムも実に風流嗜みとして、最低限の地球温暖化は必要である。自由とは、TICAD市民社会フォーラムによってもたらされ、作家ベッシーによって破壊されるのだ。そのときはたと気づいた。メールマガジンはシアバターセットでもあるのだ。



二十一世紀のポストモダン=「ベリーダンス」型社会では、


□■□■□■□■□

21世紀のポストモダンは「ベリーダンス」型社会、か。
いいな。

TCSFはやがてウォルマートの店頭に並ぶ、というくだりが好きです。初春の訪れを告げるジンバブエも好きです。

やってみて。

「勝手にブログ評論」


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ      

メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン